« まだまだ広い列島? | トップページ | 「実力も運のうち」? »

2014/05/12

何処まで行けるのか

20140512_dscf9219_1s


人生の残り時間というのは常に減り続けてる、それは間違いなかろう。

だから「その残り時間の中で何かを実現したいなら別の何かを諦めて」
みたいな考え方が、つい浮かんでくる。まあそれは一面の事実だろう。

だろうけど心の底ではソレに納得しておらず、当然ながら夢も希望も
捨てられなくて、これはこれで大事なんだけど、賢い選択とは言えん。

少なくとも世間で言う賢さとは、完成度の高い知性による人生の支配。

--
残念ながら自分自身そんなに知性の完成度が高いとは到底思えないし、
知性のみに依拠して過ごせるほど人格の完成度も高いワケではないし、
自分自身を御するのでなく放牧したいので、それでも良かろうと思う。

理知に従わぬ場合のリスクについても、結果の一つひとつを味わって、
そして振り返って検証して、良くも悪くも自分自身のモノとしたいし。

それにヒトの知性も、いくら完成度高くしたとて、限度があるものだ。

そんなワケで行動の選択は、興味による選別を大きな要素としている
あと当然ながら環境要因への対応も、まあこれは否応なくやってるが。

|

« まだまだ広い列島? | トップページ | 「実力も運のうち」? »