« 記録は固定する行為 | トップページ | 選ばないという判断 »

2014/05/20

固定に伴う選定行為

20140520_201404161751001


そういえば母方も父方も若干複雑な親戚関係があり、いずれ家系図を
整理して描いておこうと思っては先送りしていたのだけれど、ついに
母が本格的な図の下書きに着手したので、この際に手伝うコトにした。

このうち父方の祖父の先祖については、前に調べた過去があるという。
過去帳などを辿ったところ、幕末頃には鉢形城の下級武士だったとか、
いや実はそこそこの役付だったとか、そんなハナシを伝え聞いている。

いつかしっかり時間を作って調べないといけない、そんな気はするが。

--
誰だって大概は何世代も遡れば膨大な数の先祖がいるワケだが、その
中には天皇家などに通じる道筋が、かなりの確率で存在するのだろう、
たとえば戦国時代の武士などは桓武帝か清和帝あたりに繋がるように
線を引っ張ってくのが流行った、そういうのは幾らでもできたワケだ。

そうして捨てられていった多くの筋道について語る者は、まずいない。

|

« 記録は固定する行為 | トップページ | 選ばないという判断 »