« 「モノガタリ」需要 | トップページ | 他者を受容する心得 »

2014/05/01

自身を受容して供給

20140501_img16740_1s


連休に入ったが平日のデイリー作業はカレンダー通りなので自宅作業。
しかし今年は他の仕事の受注がなくって時間を持て余し気味に過ごす。

仕事に関しては常に悩んで考えているつもりではあるが結果には遠い。
個人事業だから自分自身を売り込んでいかないといけないのだけれど。

おそらく記憶に残るような人物であった方が、営業面では都合が良い。
だが近年は失敗もありネガティブな方向で記憶されてしまったようで。

都合の良い結果になった記憶は残りにくく、都合の悪い結果となった
場合には記憶が残りやすい、それゆえどうしても致し方のないトコロ。

--
とはいえ相手の記憶に残りやすい傾向は意図してそうしたものでなく、
ごく自然に振る舞っているとそうなってしまう、というくらいのもの。

たぶんヒネクレモノなのだろう、需要が見えても素直に応じたくない
気持ちが強いのか、顧客が期待してるのとは少し違った方向性で仕事
してばかりいる、というか、言われた通りにやるコトができぬ性格で。

もちろん顧客に提供するのは仕事の結果であって過程ではないワケで、
その意味では顧客の意図していなかった点を結果に盛り込もうとする
のは悪いコトでもなく、実際そこそこ悪くない印象を得ている感触だ。

そういう面まで改める必要はないと思う。けど失敗が重なったりする
ような事態は、今後できるだけ減らしてゼロに近付けていかないとな。

まず改善するのに年単位、そして効果が出るまでにまた年単位を要し、
それまでなかなか実感を得られないだろうと思うけど、地道にやるさ。

|

« 「モノガタリ」需要 | トップページ | 他者を受容する心得 »