« 生活の自発的な変化 | トップページ | 夢の中へログイン? »

2014.06.01

気になると変化する

20140601_img_4350_1s


まあ変化といったって大したものでもなかったりするコトの方が多い。
たとえば読書量の多い時期と、そうでない時期が交互に訪れてきたり、
はたまた散歩の多い時期だったり、友達付き合いの多い時期だったり、
自炊をよくする時期だったり外食ばかりの時期だったり、そんな具合。

以前よく足を運んでた商店街の隠れ家的喫茶店を久々に訪れてみたら、
全く異質な店になっていたので同じ区内の友人にメールしたら随分前
のコトだったと言われ、何だか置き去りにされたような気分になって
言いようもない感情に陥ったがそれはともかく、そのくらいの変化だ。

今のところ自炊が多く散歩は少なめ、人付き合いも希薄な状況にある。
ただし受注の回復で外出が増えそうな見込があり、そうなれば外食も
増えるし出掛けたついでに足を伸ばすなどして散歩も増え、付き合い
の機会も増えてくる、かもしれない。まだそのあたりは未確定だけど。

最近だと自室に相当な量の物品が積み上がっているので片付け頻度の
多い時期に入っていくかもしれない、また外の道から自室を見上げた
ときに物干台周辺の様子が気になるので、そういう片付けをするかも。
これも、何かの拍子に動き出して、一気に変わっていく可能性がある。

--
可能性を言い出すなら幾らでも言える、けれども「やろう」「やるぞ」
と宣言してから変わるよりも、何となく自然な流れでそうなっていく
コトの方が過去の人生を見ると圧倒的に多いので、今後もそうだろう。

意図的にそうするにはどうするか。生活習慣の一つが変わると、他も
連動して変わったりするので、どっか一つを変えてしまえばいいとも
考えられるのだが、敢えてするのも何か違うような気がしてどうにも。

だいたい、生活の変化には複雑な関係性があって完全な予測は無理で、
何かの目的を持って変化を為そうと目論めば、たいがい外れてしまう、
あるいは途中で頓挫してしまう、何度か試してそうだったのでやらん。

せいぜい動き出した変化に対し、望ましい結果が伴うよう方向性など
多少コントロールしようと試みるくらい。いかにも受動的だし前向き
でもないので気に入らない人もいると思うけど、臨機応変には自信有。

そういう変化を受容する姿勢に関しては以前より格段に改善している。

|

« 生活の自発的な変化 | トップページ | 夢の中へログイン? »