« 分かりやすさの危険 | トップページ | 特記すべき事項なし »

2014/06/25

分かりにくくて危険

20140625_dscf9291_1s


ただ害を伴う可能性を知り常に行動を顧みて修正しろと書いたものの
それすらも非常に難しいのが現実のヨノナカというものであって云々。

一般論として言えるのは、世間で言う「正義感の強い」という評価は
善意の強さでは決してなく、そういう意図や意識、はたまた思いつき
など善意っぽいのを表に出す傾向の強さ、と考えておいた方が妥当だ。
基本的に心中の善意だの正義感だのを外から測定するなど無理なので。

ヒト個体間に蟠りのようなのが全く存在しない関係など有り得ないし、
まして簡単に解消できるはずもない、もしそう思っているなら御花畑。

--
いやホント手間かかるんだよ、しかも成功するとは限らないから困る。

口から出る言葉なんて、誰のものであっても本人の意識から出たもの、
そこに自己弁護や自己正当化のような成分が含まれないコトは少ない。
だからそれを聞くときには騙されぬように知恵を巡らさねばならない、
しかし一方だけの言い分を聞いてたって手掛かりを得るのさえ難しい。

黙っている方も実際には口下手だったり自己表現を苦手とする場合が
結構あり、たまに口を開いたからといって必ずしも正しいとは言えぬ、
というか聞き出すコトさえも難渋したり骨が折れる場合も結構あって、
取り掛かったのを途中で放り出せば逆にこじれさせてしまいかねない。

それでもなお成功させたとして得られる見返りは当事者の信頼くらい。

|

« 分かりやすさの危険 | トップページ | 特記すべき事項なし »