« 自称逸般塵の不通の日記(472) 梅雨の月末の不通の週末 | トップページ | 任せられぬ故の不安 »

2014.07.01

自称逸般塵の不通の日記(472.5) 梅雨の晴れ間の月曜日

20140701_dscf9342_1s


月曜日やたらと眠かったのは、今までストレス状態に陥っていたのが
そこそこ開放されて、心身ともに休息を欲していたからかもしれない。

午前中には起き出していたが洗濯物を干してまたそのまま一眠りして
しまって気付いたら昼を大きく回っていたのにまだ眠いという有様で、
駅前まで出て月末の支払などを済ませて買い出しをして帰宅した午後、
というか夕方あたりに少し眠ってしまい、昔の実家の物置を片付けて
いる夢を見た。ただし、その物置の中身は実際と大きく異なっていて、
ずいぶんと場所に余裕があったし、品物の保存状況も悪くはなかった。

--
月曜の夜は、昼間に眠りすぎた反動で寝付きが遅くなってしまったが、
それでも火曜の朝には目標に近い時刻で目覚めたので、まあ悪くない。
先日来の頭痛も少しは軽減されてきた気がする。調子は少しずつ戻る。

ここ1~2年の間に溜まっていたコトを片付けようという気になる程度
には元気を取り戻してきたのだろう、というのが月曜夕方の夢の解釈。

|

« 自称逸般塵の不通の日記(472) 梅雨の月末の不通の週末 | トップページ | 任せられぬ故の不安 »