« いいえ私は小型です | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(475.3) 腹は何も言わなくていい »

2014.07.18

自称逸般塵の不通の日記(475) 膝にも言いたいコトがある

20140718_dscf9373_1ts


今週は雨の予報があっても雨雲が微妙に自宅付近を外れてったりして、
湿度だけ上がり気温が下がらないような日も、結構あったように思う。

先週は、「晴れて暑くなるぞ」などと前夜の予報で言ってたのに反し
当日になると予報ほど暑く感じない、みたいな日が続いてた気がする。

まあ実際に気温の推移がどうだったかは面倒だから検証してないけど、
主に気分的な要素があってそうなったんではないか、というのが仮説。

先々週は割と暇だったのに対し、先週には幾つかの案件が動き出して、
さらに以前の案件がクローズされて請求が立つなど、いろいろあった。

作業そのものの進捗はそれほどでもなかったのだけど、実際の作業に
先立って準備などしていたので、それなりには仕事をした感覚がある。

--
こういう時季には体調管理が難しい。といっても蒸し暑さで運動量が
足りないとか食欲が減退するとか寝付きが良くないだけでなく他にも。

たとえば自宅では絨毯に坐卓代わりの炬燵テーブルという生活のため
膝立ちする場面が多いせいか、ともすると膝に角質が溜まってしまう。
日頃からシャワーを浴びるとき念入りに擦らないといけないのだけど、
暑いので適当にやってたせいか、角質が割れるほどの厚みになってた。

割れると血が滲んでカサブタができて云々と、さらに面倒臭い状態に
なってしまうので、ここ数日は意識して肘や膝を念入りに擦り洗った。
(肘も今回は問題ないが以前には同様の角質割れを生じたコトがある)
週の後半にもなると目に見えて変わり、次第に普通の肌となってきた。

毎日の浴室で忘れず手入れするようにしておくだけの、ちょっとした
コトなのに、様子が変わるまで忘れっぱなしというのは、何故だろう。

|

« いいえ私は小型です | トップページ | 自称逸般塵の不通の日記(475.3) 腹は何も言わなくていい »