« 自称逸般塵の不通の日記(475.7) 口には言う相手がいない | トップページ | わかりにくさの半面 »

2014/07/21

梅雨終わり目の祟目

20140721_201407151775001


三連休とか夏休みというのを、その日になってから知るような生活は、
まさに一人暮らし自由業ならではのコトかもしれないと思いつつ日曜。
少し離れた駅前まで出てみたら祭りのようなのをやっていて気付いた、
そういえば7/20ってのは近年新しく祝日になったのだったっけな、と。

夏休みシーズンには、しばしば作業に集中するため使っている喫茶店
などが妙な時間帯に混雑したり騒々しかったりするのが、どうも困る。
平日から居る老人会に加えて休み気分のワカモノどもが談笑してると、
喫茶店というより居酒屋か何かのような騒音レベルになってしまうし。

仕事は少し多めに入ってきて、遠からず迎えるであろう梅雨明け空を
半ば恨むような気分で作業をする日々が続くと思うと、少し気が重い。

--
だが仕事を受けて完遂していかねば収入にも繋がらんので致し方ない。

というか、今ある仕事が順調に進めば、夏を乗り越えた頃くらいから
収入になって戻ってくるはず、少し先のニンジンに向けてエンジンを
回して、せいぜい調子を崩さぬよう気遣いながら、乗り切るしかない。

夏など短いものさ、長らく続いている我が身の困窮に比べれば(溜息)

|

« 自称逸般塵の不通の日記(475.7) 口には言う相手がいない | トップページ | わかりにくさの半面 »