« 旧機種の最後の出番 | トップページ | ニューマシンの課題 »

2014.08.20

新マシンの使い勝手

20140820_img_20140819_151915s


ニューマシンはタブレットなので英語配列キーボードを使うのが容易、
主に使うのはブラウザやエディタだから専ら縦画面で使えるのも良い。
そのあたりについては、事前の目論見通りの使い勝手を実感している。

ただアダプタが唯一のUSB端子を塞いでしまい充電中にUSB機器を使う
コトができず、必然USBでなくbluetoothの周辺機器が主になってくる、
前に書いたように2.4GHzでは干渉するので5GHzをメインにする羽目に。
でも対応規格が802.11abgnなのでちょっと遅くなってしまうのが残念。

あと予算の都合で手頃なキーボードを調達できておらず目下のトコロ
デスクトップ用フルサイズか折り畳み式か、あとタッチパネル式とか
謎の安物だとか、そういうのしか手持ちがなく、いささか微妙である。
まあ一応は目星つけてあって、遠からず買うつもりでいるのだけれど、
それなりの品はそれなりの値段するので、1~2カ月は先になりそうだ。

--
携帯性を重視しての機種選択だったから、当然ながら画面も小さくて、
しかも同クラスでは解像度が高いので当然ながら文字も非常に小さい。
おかげで覗かれても中身が分かりづらい。よっぽど視力が良い人でも
喫茶店の隣の席からでは大きめに表示した画像くらいしか見えまいし、
もちろん近眼や老眼の人ならば無理。プライバシーフィルター不要か?

作業4時間で電池残量は半分を切った程度。まあ外で6時間も使えれば
まず通常の使用範囲で不安はないし、外部電池で補えばさらに延びる。
USB給電ならではのメリットだ(一つしかないUSBを塞いでしまうけど)

|

« 旧機種の最後の出番 | トップページ | ニューマシンの課題 »