« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014.09.30

今年の残り四半期は

20140930_dscf9475_1s


いよいよ一年で最も好きな時季に差し掛かる。だいたい10月から12月。
生まれ月は10月だけど暑がりだからそれより少し後の方が動きやすい、
次第に秋が深まって早く日が暮れるようになり気温も下がっていって、
様々な味覚が次々に出回って秋の花々や紅葉、などなど楽しみが多い。

すっかり干上げられ稲刈りの済んだ水田では藁屑や籾殻や根株を燃す
煙が上がる。田畑の中の集落に生まれ育った身としては懐かしい匂い。
前年の秋には近郊に出掛けるカネもなくて自宅で無為に過ごす日々が
続き残念だったけど、今年はそれなりの頻度で出歩こうと思っている。

続きを読む "今年の残り四半期は"

|

2014.09.29

そろそろ気も晴れる?

20140929_img_20140926_170704s


今月末以降おそらく少なくとも年内一杯くらいまでは前年や前々年に
なかった額のカネが入ってくる見通しで、いよいよ貧乏生活から脱出
できるかもしれない。まあPC故障など出るカネも多いから急に生活が
変わるコトもなさそうだし、年明け以降も見通せないからアレだけど。

そうは言っても、11月頃までならば確度の高い見込ができているので、
当然ながらカネの使い途を考えながら今か今かと待ち暮らしてる次第。

続きを読む "そろそろ気も晴れる?"

|

2014.09.28

色味があるのが社会

20140928_img_20140926_155501s


たまにいる、ソーシャル()や現実社会に出没するアレなヒトビトって、
救ってくれるカミサマのいない宗教のようなものに染まってるのかも
しれない、とかふと思ったりした。そりゃあ救われないな、とも思う。

視界の端の方に映る映像は色味も分からない。それと同様に、あまり
見たくないあまりに視線を向けようとせぬ対象については何色なのか、
そもそも色味が違うのか、といったコトさえ分からなくなってしまう。

色彩感覚は霊長類が食べ頃の果実を見分けるのに役立った、と聞くが。

続きを読む "色味があるのが社会"

|

2014.09.27

社会の半分は地味だ

20140927_dscf9448_1s


だけどこの42カ月あまり、確実さや現実より正義の方を重んじる人が
社会の中に相当数いて、しかもそういう人たちの声は(実数と比べて)
非常に大きいのだと、次第に分かってきた。そのあたりも厄介なのだ。

感情だけでどうにかなるようなハナシでなかった場合、現実に対する
認識を歪めてまで感情の根拠を維持しようとするのがヒトではあるが、
それによる失敗例は無数にあり、個人だけでなく組織としての失敗も
数知れず報告されてるにも関わらず、まあヒトの寿命って実際そんな
長いワケでもないし個々人が接するコトのできる情報の量にも限界が
あるからな、ヒトビト全体でみれば今後も相変わらず何度も繰り返す。

まあそんなもんだ、「分かっちゃいるけどやめられない」あ、ソーレ♪
分かってても遣り場のない感情を外から突いたところで反発を受ける
ばかりで、下手すれば余計に感情をこじらせるコトにもなりかねんし。

続きを読む "社会の半分は地味だ"

|

2014.09.26

正義が害を為す社会

20140926_img_20140913_171118s


さて、この感情というのが法治国家に於いては非常に厄介なのである。
特に罪人に対する感情的な制裁など放置すればオーバーキルの危険が
あるし下手すると一族郎党仇討ち合戦なんてなって共同体まで割れる。

それゆえ為政者は制裁の権限をヒトビトから取り上げるのが一仕事で、
まあ為政者が好みでない方々からしてみれば気に食わんコトかもだが、
為政者に対する好き嫌いとは別に社会への功利功罪も考えて頂きたい。

ハナシがズレた。要するに感情を私的制裁という形で行使するコトは
社会を壊す危険があるので制限される。けどそこには抜け穴も多くて、
たとえばマスメディアの報道などは公益を口実に規制されぬのが通常。

それが一種の特権のような形となってヒトビトの好む私的制裁を実行
していたりするケースも少なくない。経済成長が停滞してヒトビトの
鬱憤が溜まる時代には特に義憤というカタチの憂さ晴らしを提供する。

しかし個人的な鬱憤を義憤として晴らす行為は単なる娯楽に過ぎない。
昔ながらの時代劇シリーズみたいな筋書きなどフィクションの中のみ。
それと同列に見倣すかのような現実の扱い方は妥当でないと思うのだ。

まあそういう勧善懲悪な発想に立った叩きだと、そりゃあ視聴者読者
サマサマの溜飲を下げるのに役立つかもしれないがソレは単なる娯楽。
またその娯楽を提供するコトで収益を得ている企業ってのがいて、ね。

続きを読む "正義が害を為す社会"

|

2014.09.25

社会の半分は気分で

20140925_dscf9458_1s


様々なイレギュラーを容認する余裕が乏しくなってきた今の社会情勢。
でもその余裕のなさを都合の良い言い訳として使っていいのだろうか。
不寛容というのは理由が何であれ社会に蔓延して人々の居心地を悪く
させて更なる余裕のなさに繋がり人々の不寛容さを増してゆくばかり。

某連合王国を形成する地域の一つが独立を問う住民投票を先週やって、
もし独立が決定していたとするなら他の地域から反発を受けただろう。
その独立運動の原動力は経済的な不遇感が大きかったと伝え聞いてる。
要するに他地域の企業に富を吸い上げられまいとする不寛容の姿勢だ。

中近東あたりでは極めて不寛容な武装勢力が国を名乗って活動してて
あまりの不寛容で同じ宗教を信仰する者たちからも反発を受ける有様。
未だ勢力を拡大中らしく動向が気懸かりではあるが北方の大国も敵に
回す発言をするなど世界中を敵に回す勢いであり先は長くないのかも。

アフリカ西岸あたりでは致死性の高い伝染病が流行って治療のために
先進国の医師たちが入り込んでいるのを何だか勘違いした人々だとか
(ひょっとしたら仕事を奪われた呪術者みたいなのも?)が敵視してて
医療施設を襲撃して患者を連れ出すなどの所業にも及んでいるだとか。

続きを読む "社会の半分は気分で"

|

2014.09.24

寛容を要求する社会

20140924_img_20140916_175848s


日本において、宗教的多様性に寛容でない者は人間付き合いに制限が
生じる場面も少なくないのではないか、と先日の法事のときに思った。

多様な宗教が混在、それらに寛容であるコトがアタリマエとなる社会
なので、政治家が寺社に参拝したって気に留める人は少ないのも当然。

というか、まあ実態としては「混在している状態の宗教」が普遍的に
広まっているような状態だから、他の(特定の)宗派では居づらかろう。

続きを読む "寛容を要求する社会"

|

2014.09.23

まだまだ秋は長そう

20140923_img_20140916_175758s


PCの代替案は、まだ決まらない。選択肢は多いが予算は少なくて悩む。

ひょっとしたら同機種の中古が安く手に入らないかとも思ったのだが、
(それなら今の起動ディスクを移行すれば大した苦労もなく使えるし)
さすがに数年前の古い機種なので、人気があったとはいえ品は少なく、
入手できたとしても長くは持つまいし、あまり現実的ではなさそうだ。

まあ最も現実的な案と思えるのは、今あるパーツやコンポーネントを
最大限に生かし費用を抑えて新しいPCを一つ作り上げるコトだろうか。
というワケで、安いベアボーンキットを組み立てる方向で考えている。

続きを読む "まだまだ秋は長そう"

|

2014.09.22

飽きが来ないのは秋

20140922_dscf9469_1s


日曜は、友人から声を掛けられ、実家を起点に半日ばかりドライブへ。

ここ何度か実家へ一泊してもドライブに出ないで帰ってきていたので、
今回は久々のドライブとなった。まあ集合に手間取って時間を要した
ので遠くまで走るコトはなかったけど、それなりに楽しめたとは思う。

続きを読む "飽きが来ないのは秋"

|

2014.09.21

夜食の後には不貞寝

20140921_img16484_1s


が、ここまで主にタブレットで作業していた分のデータをメイン機の
大型ノートPCの方に同期させよう(といっても手動コピーだが)とした
ところ突如メイン機が青画面。メモリパリティエラーとのことで深刻。

金曜は幸いにしてデイリー作業がなくて大型案件も片付いた直後だし
もう一つ残る案件は(遅れてるとはいえ)急がなくても済みそうなので
先送り、午前中一杯寝て身体を休めた上で機器の整備に取り掛かった。
ひとまず思い付く範囲、手の届く範囲で分解清掃したり一部の部品を
外してみたりと試してみたが、どうも解決できそうにない。おそらく
主基板上のどこかに問題が生じているのだろうけど、そうなると無理。

続きを読む "夜食の後には不貞寝"

|

2014.09.20

夕飯の後の作業時間

20140920_img_20140903_173344s


水曜しっかり寝てしまい起きたら昼で、ほぼ自宅に引き籠もって作業。
ここしばらく苦戦してきた案件が火曜日ようやく片付いた反動なのか、
溜まった疲れが出たか停滞気味で、一日が妙なくらい長く感じられる。

まだ他の案件もあるし、夜には例の案件の追加発注が入ったのだけど、
ちょと休んだおかげで身体が休息モードに切り替わってしまったのか、
なかなか仕事に対する集中ができず、いろいろ別のコトをしてしまう。

続きを読む "夕飯の後の作業時間"

|

2014.09.19

昼飯時の仕事に合う

20140919_img_20140917_150922s


新しいキーボードは、ほぼノートPCと同じスタイル、というよりその
キーボードの部分だけ取り出して独立させたような製品となっている。
だからキーピッチは通常サイズなのだけど、それゆえの課題もあって、
実は手の大きさの都合から、通常サイズだと少々広すぎて使いにくい。

そもそも20年近くも前から超小型~小型のノートPCを主に使ってきた。
このような機種は当然ながら外寸相応の狭いキーピッチになってるが、
もともと小柄で手も大きくはないから、むしろ丁度良かったのである。

そういう意味では、やはりもう一回り小さい機種の方が手に合いそう。
そっちはタブレットに近いサイズだから、コンパクトで携帯性も高い。
ただ微妙に違う部分もあり、馴染めるかどうか気になって先送りした。

続きを読む "昼飯時の仕事に合う"

|

2014.09.18

「朝飯前」の一仕事

20140918_img_20140917_150830s


ズレてるといえば、極めて個人的なハナシになってしまうが、基本的
には未明に寝て昼前に起きる生活をしてるので、朝食は通常の人たち
の昼食と同じくらいとなってて、以後一食ずつズレて三食目は夜遅く。

で、そんな個人的な生活事情を踏まえて火曜日のハナシ。月曜一杯で
終わらせる予定の案件と、先週半ばまでの納期だった案件が重なって、
両方ともに遅れてしまい、ようやく片付いてみれば午前中の「朝飯前」。

それから外出しようと支度に取り掛かったあたりで北関東に震度5-の
揺れを出した例の地震が発生、まあほとんど気にせず家を出てバスに
乗り、途中の駅前で最初の食事をしたのが、まあ概ね昼過ぎだったか。

続きを読む "「朝飯前」の一仕事"

|

2014.09.17

過ぎ去る時代の影に

20140917_epsn8731_1s


母方の祖父には最初の配偶者との間に男子一人(伯父)をもうけ、後妻
との間に女子二人がいて、末子が自分の母。伯父は、後妻の方の妹を
嫁に迎えているので、この部分の家系図を描くと必ず交差してしまう。

それはそれとして墓碑銘には、昭和初期の「嬰女」「童子」といった
多くは数え一歳、あるいは死産という戒名が、何人分も刻まれてある。
当時の医療水準によるものなのか他の問題もあったのかは分からぬが、
とにかく祖父母は多くの子をもうけ、そして早くに亡くしていたのだ。

この赤子たちが生きながらえていたならば、ひょっとしたら今の親族
一同は、今こうして見る倍くらいの人数になっていたかもしれないな。

続きを読む "過ぎ去る時代の影に"

|

2014.09.16

弛まず進みゆく時代

20140916_img_20140914_114159s


ちなみに今回の法事は母方の伯父、母からみて長兄の七回忌であった。
伯父と母は年齢が離れていて、その息子たちの方がむしろ母と同年代、
それ以降も概ね一世代ズレた形のまま続いているもんだから、年代と
世代が直結せず、集まるたびに毎度毎度、不思議な感覚に陥っている。

続きを読む "弛まず進みゆく時代"

|

2014.09.15

停滞の中で苦悩する

20140915_epsn8730_1s


日曜は未明まで作業に取り組んだものの大して進まず寝不足のままで、
法事の後の会食で少しアルコールが入って実家に戻ったら寝落ちして、
どうにか帰宅したものの、ほとんど進捗できていなくて焦りを覚える。

こうなってくると、精神的にも体力的にも厳しい状況が続いてしまう。
休息を取るコトに精神的な抵抗があって、却って疲れが溜まっていく。
過去にも何度かあったけど、もっと上手に脱出できるようになりたい。

続きを読む "停滞の中で苦悩する"

|

2014.09.14

環境一部ちょい改善

20140914_201308031674001


というワケで土曜、週半ばに終える予定だった作業が、まだ残ってて
焦りがあって短時間だけ仮眠しようとしたのに起きられず昼になった。
こういうときには諦めて身体が起きるまで寝かせておくと良いのかも。

気温が上がった昼間、それでも何とか洗濯物を干しながら作業を進め、
あらかた乾いてきて涼しくなってきた夕方近くに、実家へ向けて出発。
日曜は実家の法事があって前泊、まあ寛ぎながら作業の続きをしよう。

続きを読む "環境一部ちょい改善"

|

2014.09.13

いつも何かが要改善

20140913_img17197_1s


今週と来週は、それぞれ土日に実家方面の用事が入ってしまったので
溜まった仕事を片付けながら移動して用事へ向かうコトになる予定で、
ちょうど新たなモバイル作業環境が安定してきているので救われそう。

ただ使ってる自分自身の気力体力集中力を維持できるかどうかが課題。

続きを読む "いつも何かが要改善"

|

2014.09.12

人生いつも変わり目

20140912_img_20140908_223818s


いやもちろん毎日そんなにツマラナイと思って生活してるワケでなく、
それなりには一人暮らしでも楽しむ要素の一つや二つ盛り込んでいて、
だからこそ都内住宅地でありながら修行僧か隠者のような孤独生活を
送っていても精神的に折れずにいられるのかもしれないな、とは思う。

キーボードを取っ替え引っ替えして気分転換をするなんてのも、そう。
たしかに投資としてみれば相応の価格の品物を幾つも揃えてるワケで
結構な金額になっているとは思うが、それは懐に余裕のあるときだけ、
カネのないときは過去に蓄積してきたコレクションから選んでるので
特に追加で費用を要するコトもなく、手軽に気分転換ができるのだな。
ノートに手書きする頻度も多いから、万年筆なども同じような感覚だ。

ある日には、机の上の配置の都合でキーボードが少し高い場所にあり
ちょっと入力しづらいなと感じてパームレストを探した結果、かなり
高級な部類のキーボードを裏返したら手頃っぽいと気付いてしまった。
固い素材では手首付近の骨が当たったりして好ましい感触にならない、
といって変に軟らかい素材のものでは手首のあたりが蒸れる、これが
裏返しのキーボードだと多数のキーが全体的に沈むので割と都合良い。

続きを読む "人生いつも変わり目"

|

2014.09.11

たぶん人生変わり目

20140911_dscf4674_1s


ある日の朝、一度目の目覚ましの後で、生きながら墓に入る夢を見た。

前日の電話で「劇ヤセ女性」の話題が出て即身仏の方へ話が転がった
せいかもしれないけど、自分自身が病か何かで近く死ぬコトになって
何故だか地下に作られた堅牢な墓室へ生前に自ら入るとかいうハナシ
なんだけど友達だか兄弟と直前の別れの杯を交わしていたら気付けば
若い女性たちと一緒になって楽しく飲んでて生きてるっていいなとか
思ったりしながら従容として墓室に赴く、そんな感じの内容であった。

続きを読む "たぶん人生変わり目"

|

2014.09.10

経路で気分を変える

20140910_img_5409_1s


これから年末に掛けては今まで頑張ってきた分の案件がカネに化けて、
10月あたりは金銭的に上向く見通しなので少しは自分の為にも使おう、
そう思って旅行などの計画を練っているのだけど、なかなか難しくて、
けれど旅程を考えるだけでも楽しい、という単純な自分を再発見する。

続きを読む "経路で気分を変える"

|

2014.09.09

場所で気分を変える

20140909_img_20140908_162547s


結局、土曜に休んだコトが尾を引いたのか、まあ他にも幾つか理由は
あるんだけど、日曜の作業は遅々として進まず月曜に突入してしまう。

目覚めれば軽く頭痛がする、気が焦って少し短めの睡眠時間を設定し
目覚ましを掛けておいたのだがアラームが鳴って起きた後また寝てて、
ほぼ睡眠1サイクル約1時間半きっかり追加で眠っていた自分の身体が、
おそらく目覚まし時計までの時間が短かったコトに対し抗議している。

進捗に活を入れるには外へ出て喫茶店に入るのが、いつものパターン。
午前中一杯くらい雨だったので昼下がりになっても涼しいままだった
おかげで自室でも過ごしやすかったが、場を変えて気分を変えるのだ。

続きを読む "場所で気分を変える"

|

2014.09.08

日曜日だけど仕事日

20140908_img_20140907_025451s


USBキーボードをBluetoothで接続できるようにするガジェットが届き、
いよいよタブレット周辺の環境は整った。少し前に発注してた品物で、
自宅でも外出先でも好きなキーボードを使って作業できるようになる。

届いたのは土曜、充電しておいたので日曜はフルに試してみるコトに。
まあ前夜からの雨で気温も低い状態が続いてるので外には出ないけど、
新たなガジェットの挙動も大きな問題はないので自宅でも捗りそうだ。

続きを読む "日曜日だけど仕事日"

|

2014.09.07

土曜いよいよ休息日

20140907_img_20140830_142741s


というワケで自宅でゴロゴロするだけのつもりで土曜日に突入したが、
結局あま気温が下がらず熱帯夜だった上に夜が明ければ引き続き暑い。

もっと長く寝ているつもりだったけど正午前には起き出してしまった。
たぶんずっと寝てたら脱水で余計に辛いことになっていたとは思うが、
暑くて目が醒めるなんて、それだけでも辛い。しかし興味深いコトに、
むしろ逆に暑い中で寝てしまうのは割と問題ない。ので少し昼寝した。

続きを読む "土曜いよいよ休息日"

|

2014.09.06

蒸し暑くなった金曜

20140906_img_20140830_142038ts


先日までの仕事で疲労が溜まりすぎて作業が停滞したまま迎えた金曜、
知人事務所の手伝いに行く約束をしているので頑張って起きて出るが、
久々の蒸し暑い天気に、出る前から相当なダメージを受けていた模様。

荷物も軽くして可能な限り歩かぬようにしてバスと電車を乗り継いで
向かったのだけど駅の中を歩くだけでも体力が削られてくような感覚、
ただでさえ寝不足が続いて頭痛気味だったのが余計に酷くなってきた。

続きを読む "蒸し暑くなった金曜"

|

2014.09.05

木曜には疲労を実感

20140905_img_20140830_144924s


そういえば友人が、調達する道具については「投資効果と回収効率だ」
「重複する物は投資効果低いから手を出さない」とか言ってたのだが、
それは正論としてアタマで理解できるが心情的に納得できないでいる。

今回、ほぼ同じ役割の複数の品物を、気分で使い分けると仕事が捗る
性質を確認した。つまり重複イコール投資効果低、とは限らぬらしい。

まあそれはそれで精神的に未熟だの何だのと批判もあるだろううけど、
正論攻撃には過去にも嫌と言うほどに辟易しているので、もう要らん。

続きを読む "木曜には疲労を実感"

|

2014.09.04

試行&作業の水曜日

20140904_img_20140903_173616s


水曜にはブックスタンドが届いた。小さなタブレットを縦置きで使う
ようになったので前の大型ノートより机の上を広く使えるようになり
画面の横に資料を立てれば視点の移動も少なく済むかなと考えた次第。

ちなみに普段はノートPCを畳んだ上にタブレットを立てているのだが、
単なる台座というワケではなく一部のソフトはコチラでしか使わない
などディスクに余裕があるし画面も(物理的に)広いので使い分けてる。

続きを読む "試行&作業の水曜日"

|

2014.09.03

火曜どこにも通わぬ

20140903_201408291782001


数日続いた雨がちな天気が終わったようで晴れ間が戻ってきた火曜日。
しかし今週は外出予定がないから基本的に自宅でデスクワークが続く。
要するに、暑くなると単に辛いだけ。まあ洗濯物が乾くのは早いけど。

まだ案件が溜まっているのに対し作業は遅れがちな状態が続いており、
気紛れにキーボードを替えてみたり菓子や清涼飲料などを買ってきて
つまみ食いしながら作業しようとしているけど進捗は今一つの状況で。

さすがに先月の猛暑に比べればマシで風が吹けば少しは過ごせる程度
ではあるが、それでもやはり全室南向きのアパートは室温が上がって、
つい20℃前後だった前日までの天候が、もう既に懐かしく思えてくる。

続きを読む "火曜どこにも通わぬ"

|

2014.09.02

月初でしかも月曜日

20140902_dscf9445_1s


外仕事から帰ったら、ざっと持ち帰った資料を整理するようにしてる。
ので帰りが遅くなった日には寝るのもさらに遅くなるワケで、つまり
月曜には日曜のプチ出張の疲労が残ったまま、という事態になってる。

まあそれでも、コレをやらないとデスクワークに着手する際の初動が
出遅れる感じになるので、やはり欠かせない習慣だと割り切ってやる。

そして月曜、溜まった作業を進めながらデイリー作業に取り組む一日。

続きを読む "月初でしかも月曜日"

|

2014.09.01

夏の終わりの海岸で

20140901_img_20140831_143545s


さて日曜のアポイントは夏休み最後の片瀬海岸、って超アウェー環境。
小田急線は大学に通うのに使ったが相模の中枢までは滅多に行かない。
普段はオフィスビルだとか展示会場とか飲食店あたりが主な出没場所、
散歩でも古くからの住宅街、あるいは足を伸ばすなら里山の方が多い。
この路線は新宿から既に客層が他の路線と違った感じがあるのだけど、
町田あたりまで来ると異質感さらに強まり次第にビーチっぽい空気が
漂ってくる気がして、藤沢から乗り換えた先は、もはやリゾート電車。

続きを読む "夏の終わりの海岸で"

|

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »