« 当面の活動の見通し | トップページ | 追い込まないとダメ? »

2014.10.02

果物に絡む遭遇事案

20141002_img_20141001_215117s


生活資金が入ったら、まず買い出しに出る。生活資材は今も欠乏気味。
買い出しに行ってきたら果物の行商に遭遇して、つい買ってしまった。

正しくは行商というか配達中だったらしいが品物をみれば新高種の梨、
好きな品種だし、まあ少しは懐に余裕があるし、要するに衝動買いで。

生の果物を自分で買って食うなんて、本当に久し振りである。普段は
専ら紙パックの濃縮還元ジュースを買ってて、主に朝食に飲んでいる。

どうせ丸ごとの果実を買うなら、多少高くても良いのを買いたいので、
貧乏な期間は買わずにいた。ジュースの方が時間や手間も掛からんし。

しかし夜食に大柄の新高梨を丸ごと、というのは多すぎたかもしれん。

--
そういえば夏の盛りの頃にも近所の住宅街で果物の行商に出会ったな。
まあそのときには買って自宅の冷蔵庫に仕舞う時間も惜しかったのと、
実際ほぼ余分な買い物をする余裕もなかったので、丁重に断ったけど。

出掛けようとしたトコロへ、中学生くらいの女の子が声を掛けてきて、
「林檎を買いませんか」と言われて面食らったのだが、どうやら親が
副業で行商に乗り出して、夏休みに手伝いをしているものと思われた。

たぶん、懐具合と時間に余裕があったら、幾つか買っていただろうな。

|

« 当面の活動の見通し | トップページ | 追い込まないとダメ? »