« 実際は幅の広い身体 | トップページ | 適当に何処でも行く »

2014.10.23

小さい方が先輩格だ

20141023_img_6484_1s


まあ横幅があろうと、背丈が小さいという点は昔から一貫した特徴だ。
当然ながら友人だとか仕事仲間の大半は、自分より背の高い人ばかり。

加えて、どちらかというと年下の友達が多いので、後輩とは背の高い
ものである、というイメージが漠然と、しかし妙に強くあったりする。

たとえば高校の頃の後輩とか大学の研究室の後輩、勤めた会社の後輩、
年下の自由業仲間まで、自分より背が低いのは数えるほどしかいない。

--
特に大学時代の後輩などは、30cmほども身長差があったにも関わらず
何故か妙に懐かれて、ちょくちょく後ろについてきて歩き回っていた。

たまにフィクション作品で見掛ける、小柄な兄貴分と大柄な弟分とか、
はたまた「カッコウに托卵されて育ててるような感じ」というトコロ。

|

« 実際は幅の広い身体 | トップページ | 適当に何処でも行く »