« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014.11.30

銀行も便利になった

20141130_img_20141129_203846s


久々の青森出張なので一泊して少し散策したかったトコロではあるが、
それを日帰りで諦めたのは他の仕事や用事があって非常に忙しいから。

新幹線の車中は割と寝て過ごしたものの、やはり疲れが溜まっていて、
トドメに東京駅で飲んだのもあり翌土曜の朝は、予想通り起きられず。

昼過ぎに起き出したら雨が止んで晴れ間が出てきたので洗濯物を干し
月末の入金は昨夜の帰宅前に下ろしていたので溜まった支払を済ます。

続きを読む "銀行も便利になった"

|

2014.11.29

出張旅行記(56) たしかに便利になった

20141129_img_20141128_122055s


仕事の「運」について言うなら、最近少し上向き傾向にあるとは思う。
デイリー業務とは別に途切れなく案件が入って忙しく、その意味では
順調に受注が続いている。むしろ少し休みたいくらいではあるのだが。

連続する案件の途中で区切るように入ってきた、数年振りの青森出張。
調べてみたら前回は2007年、このときは一泊して縄文遺跡を見物した。
しかしアクセスは不便で、八戸からの在来特急が長かった記憶がある。

新青森まで新幹線が延伸されたおかげで所要時間は一気に短縮された。
空路よりは時間が掛かるけど差は縮まり、費用の差を考えればむしろ
鉄道の方が有利。今回の発注者が手配したのも新幹線、往復券だった。

続きを読む "出張旅行記(56) たしかに便利になった"

|

2014.11.28

「運」も仕事のうち

20141128_img_20141124_172554s


結局、火曜と水曜を連続した半休として過ごしてしまう結果となった。
当然、休んだ分だけ想定していた大きな案件の作業は停滞するワケで。

次に落ち着いて作業できる時間は、出張戻りの週末しか残っていない。
だから可能な限り先に進めておきたかったのだが逸りすぎた感はある。

しかし、デイリー業務や再三にわたる修正対応などは必ずしも避ける
コトができるとは限らぬもの、要するに運が良くなかったというコト。

続きを読む "「運」も仕事のうち"

|

2014.11.27

寝起きに失敗した日

20141127_img_20141125_164203s


思っていた以上に疲れが溜まっていたらしく水曜は起きられなかった。

火曜の深夜に片付けるつもりだった修正作業は未明まで掛かっており、
その時点で既に元気が出ない兆候があって身体が更なる休息を欲して
いたとみるのが妥当な推論。おまけに起きたら追加修正の依頼が入る。

これは、どうみても打ち合わせ不足、情報不足。確認しなかった此方
の落ち度もあるが方の情報の出し方も手抜きが酷いと感じる痛み分け。
いや作業は増えるばかりだから、ちょっと損失が非対称な気がするぞ。

続きを読む "寝起きに失敗した日"

|

2014.11.26

半分くらい休日感覚

20141126_201410311796001


連休中のノルマについては、祝日開け火曜の未明に、どうにか終えた。
いや正しくは、足りない情報が一つあったコトが最後になって判明し、
そこだけ抜けた状態で、ひとまずの区切りとしてしまったのだけども。

さすがに疲労が蓄積していたので火曜日は少しペースを落として仕事。
デイリー業務を済ませたら、あとは納品済み案件の修正があったとき
のみ対応するつもりで、放置してたOSパッチを適用して床屋へ行った。

続きを読む "半分くらい休日感覚"

|

2014.11.25

自分で自分を支える

20141125_dscf9558_1s


世間では連休、こちらにとっては邪魔が入らず作業に集中できるはず
の3日間も終わろうとしている。週明け納期の1本が残っているものの、
未明にかけて追い上げていけば、何とか間に合わせられそうな感触だ。

しかし続いて平日の定例業務があり、並行して次の大型案件も控えて
いるため気は抜けない。最終的な納期は12月第一週となっているけど
今週金曜には出張があるし来週には遠方の友人宅へ泊まりに行く約束。

いずれも移動は新幹線だから作業しながらでも行けなくはないものの、
少しずつでも早めに進めて、できれば後顧の憂いなく遠出したいもの。
あと数日の間にどれだけ進められるか、そこが勝負のしどころである。

続きを読む "自分で自分を支える"

|

2014.11.24

孤立してるからこそ

20141124_dscf9561_1s


今は一人きりで仕事をしているから、誰かの手助けを得るのも難しい。
自分が何とかしない限り、仕事は一歩たりとも進まない。それだけだ。

金曜土曜は結局、あんまり仕事を進捗させるコトができぬまま過ぎた。
これは「ダラダラしていたりボーッとしているように見えて考えてる」
状態というより、少しは考えようと思ったけど大した結果は出なくて、
むしろ心身を休める結果になった、ただそれだけであったように思う。

続きを読む "孤立してるからこそ"

|

2014.11.23

ちょと分かりにくい

20141123_img_20141108_220216s


もしかすると周囲からは一見ダラダラしてたりボーッとしてるように
見えるときが多いのではないか、と思うコトもある。それゆえ上司や
同僚や友人から、「怠け」「甘え」なんて批判されるのかもしれない。

実際そういう心当たりはある。ひたすら仕事に向き合い続けて作業を
少しずつ進めるというより、ある程度まとめて脳内で構築しておいて
一気に進めて、それで足りなかったらまた脳内処理、というのが多い。

続きを読む "ちょと分かりにくい"

|

2014.11.22

身体なりに活動する

20141122_img16938_1s


疲労すると眠気に負ける体質は、結果的に心身を守っているのだろう。
友人たちは目とか首とかに支障が出るまで根を詰めてしまうというが、
自分はそういうコトがなく小まめに休息しているような活動スタイル。
それゆえ彼らからみれば「怠け」「甘え」と批判されても致し方ない。

友人だけではない、もちろん同僚とか上司からも同様の批判を受けた。
でもダメだな、追い込んだ状況で無理をするとロクな結果にならない。

ネガティブな方向のプレッシャーは仕事に対してネガティブな感覚を
増大させるばかりで、心身に多大な負担を与える上に進捗は遅くなり、
そんなに無理して追い込んだって、できたモノの品質はロクでもない。
そういう失敗によって仕事も失われ、他にも多くのモノを失ってきた。

続きを読む "身体なりに活動する"

|

2014.11.21

休みたがっているぞ

20141121_img_20141119_220321s


昔に比べて、ちょっとした疲労でも認識しやすくなってきた気がする。
まあそれは、「疲れやすくなった」(加齢か運動不足かはともかく)の
言い換え候補だったりするが身体感覚の分析が進んだというのもある。

連なる外出予定が終わった翌木曜日、さすがに少し寝坊気味となった。
今週最後のデイリー業務を済ませ、次のタスクに取り掛かるつもりが
集中できず気力も出ず、いろいろ払底しつつあった生活資材いくらか
を買い出しに出るという口実もあって夕方、少し外に逃避していたり、
帰ってきて夕飯を食ったら何時間か意識が飛んでいたような気もする。

続きを読む "休みたがっているぞ"

|

2014.11.20

クラクラせぬように

20141120_img_20141116_144439s


仕事が詰まってるトコロへ外出の予定が重なると睡眠時間が削られる。
止むなく3時間とか4.5時間くらいの睡眠で起きて活動するコトは可能
だけど連日それを続けてしまうと集中力は激減するしデスクワークの
途中で寝落ちして進捗に大きなブレーキが掛かるから連日はできない。

若い頃から眠気を我慢するのが苦手で、むしろ短時間でも仮眠を取り
リフレッシュして活動を再開するなら割とできるのだけど、もちろん
短時間の睡眠が得意といっても、まとまった睡眠が不要なワケでなく、
本格的な睡眠を必要とするまでの猶予を何時間か先延ばすに過ぎない。

続きを読む "クラクラせぬように"

|

2014.11.19

10日ほどが長かった

20141119_img_20141109_111627s


週末も仕事と外出が重なっていたおかげで曜日の感覚が少し狂ってる。
たしか前の週末には佐渡にいて、帰ったら仕事に追われたのだったか。

まだ火曜日だというのに、木曜くらいのような気がしたのは、きっと
「休日(≒全く仕事をしない日)」が何日もなかったから、だと思う。

先週あたりから次から次へと予定が入ったので、結局10日ほど連続で
外出しては自宅で作業するというスケジュールになっていたのだった。

続きを読む "10日ほどが長かった"

|

2014.11.18

やたら長かった一日

20141118_img_20141115_194720s


日曜未明に取り組んでた作業、途中で眠気に負けてダウンしてしまい
何とか早めに目覚めるコトができたのでシャワーでリフレッシュして
再開、どうにかアポイントの前に一つ片付け、もう一つは翌朝までの
目標を設定して発注元に連絡し、早速出掛けてアポとデイリー作業を
済ませて、さすがに帰ってきたら疲労困憊なので2~3時間ほど休んで、
ようやく(週末には終えておきたかった)案件に取り掛かるのであった。

続きを読む "やたら長かった一日"

|

2014.11.17

予定と仕事の両立は

20141117_dscf9522_1s


こんな時間の使い方をしていては、仕事も思うように片付いてくれず、
この週末のノルマのうち処理できた作業は何割か、というと実に微妙。

月曜にもまたアポイントがあるのだけど、その前に最低限ここまでは
片付けておかないといけない、というラインまで、まだもう少しある。

続きを読む "予定と仕事の両立は"

|

2014.11.16

半日に満たない休息

20141116_201411151799001


土曜、少し長めに寝たが仕事が捗るというほどには回復してなかった。

原則として2~3日おきに行う洗濯の日に当たっていたので、ひとまず
タイマーで上がってたのを干して、遅い朝食を久々に自分で用意した。
このところ外食や弁当などの食事が何日も続いていたので、冷蔵庫の
中に置き去ってた食パンなど不安もあったが、大丈夫そうなので食す。

続きを読む "半日に満たない休息"

|

2014.11.15

山また山の予定続き

20141115_201411121797001


作業待ち案件の先頭で長らく詰まっていたヤツが、ようやく片付いた。

諸事情あって遅れてしまい、クライアントが許容してくれているのを
いいコトにズルズルと引き延ばしていて、いったん中断してしまうと
作業を再開するのも難しくなって、いい加減にしないといけないなと
追い詰められた心境になると余計に進みが遅くなる、よくある悪循環。

それで精神的に疲労して、身体にも疲れが溜まっていた、ように思う。

続きを読む "山また山の予定続き"

|

2014.11.14

予定だらけで一大事

20141114_201411121798001


さすがに今の基幹業務については、20年近い経歴があるし、それなり
にはできる自負がある。あるけど一度は自信を失いかけたのも事実で。
その後に状況を分析したり、対策を考えて、それでようやく今に至る。

続きを読む "予定だらけで一大事"

|

2014.11.13

仕事をするのも一人

20141113_dscf9587_1ts


さて週の前半が過ぎ、いよいよ仕事が詰まってきた。というか新規の
発注が続けて入ってきて、こりゃあちょっと大変になりそうな予感が。

水曜日の夕方に掛かってきた電話では、納期の相談をさせてもらった。
さすがに今のペースでは間に合わないので、新規案件では想定される
納期から数日の遅れを許容してもらえないと無理、との事情を伝えた。
一応その要望は通ったようで、木曜に打ち合わせてくるコトが決まる。

続きを読む "仕事をするのも一人"

|

2014.11.12

色々一人で片付ける

20141112_dscf9557_1s


さて今週は平日から週末まで外出予定が幾つも入っているので忙しい。
日曜に帰宅したのは夕方、日が暮れた少し後くらいの頃合だったので
旅行の余韻を味わいつつ荷物を片付けて衣類をクリーニングに出して
道中でタブレットに取り込んでいた写真をデスクトップPCに転送して
さすがに夕飯を作る気にはなれなかったので弁当屋とコンビニで買い
出してきて食って、あとはシャワーを浴びて洗濯物を仕掛けて、寝た。

続きを読む "色々一人で片付ける"

|

2014.11.11

次ないかもしれぬ件

20141111_dscf9580_1s


直江津-小木は新潟-両津より旅程が少し遠いのだが今回しかなかった。
新幹線が延伸されれば往路で乗った路線では三セク化、復路で乗った
特急は廃止というのだから(フェリーも新造船に置き換えられるとか)。

まあ少し遠回りでも敢えて選んで良かったとは思う。移動時間が長い
から移動2日島内1日の旅程となったが、むしろ日あたりの活動時間を
短くでき疲労感は抑えられたし連泊なので旅の荷物も扱いやすかった。

それから、佐渡南端エリアを巡るには便利だというコトも把握できた。
同じフェリーに乗り合わせた団体客は旅行会社のパックツアーで往復
とも小木港を利用していると聞いたが、同様に南端を巡ったのだろう。

続きを読む "次ないかもしれぬ件"

|

2014.11.10

ときは再び動き出す

20141110_dscf9562_1s


午後には旅の目的の中でも最も重要な墓参、いつも使う両津の港より
小木港からの方が距離があるので少しばかり時間が掛かる。寄り道は
少しだけにして、トキ保護センターと、あと佐渡国分寺に短時間だけ。

小木から真野までの道は過去にも走った。丘陵地を越える起伏ある道。
真野からさらに北西へ、再び登って降りると相川に出るワケで、昔は
金山と港を結ぶ道でもあったはずだが、佐渡で唯一の国道は真野から
北東へ折れて両津へ向かう、両フェリー港を結ぶルートとなっている。
そのフェリー自体も国道扱いで、要するに本土から本土へ戻る道筋だ。

続きを読む "ときは再び動き出す"

|

2014.11.09

谷間ひとつ分の歴史

20141109_epsn8811_1s


土曜日はレンタカーを終日借りてドライブする日で、事前には紅葉の
金北山を走るつもりでいたのだけど、宿から遠くない宿根木の集落に
興味をそそられ訪れてみたら楽しくなり午前一杯くらい散策していた。

佐渡には過去に何度も訪れていて毎回少しずつ違う場所を巡ってるが、
この島の中にも地域性があり、それぞれの地域ごとに雰囲気が大きく
異なっていて、今回は海に面する狭い谷間に発達した中近世の港町だ。

かつての川は狭い水路のようにされ、密集する住宅の間には細い路地。
近年では景観保存のため外観の統一が図られており、かつての船材を
流用した伝統的な木造住宅の姿のまま、修復されながら使われている。

続きを読む "谷間ひとつ分の歴史"

|

2014.11.08

佐渡の宿にて一泊目

20141108_img_20141107_143538s


今回の旅は鞄を1つにまとめた(カメラ1台だけ入らず肩に掛けてるが)。
しかもキャスターつきの方でなく、肩掛けで済む中型サイズのケース。
タブレットから着替えまで入れたが、望遠を諦めれば割と入るものだ。

立冬。列島太平洋岸をかすめた台風の余波があってフェリーも揺れた。
1~2時間の船旅は何度も経験あるが、今回は少し船酔いしそうになり、
初めて乗る航路ではあったが、ほとんど船室の絨毯で横になっていた。

続きを読む "佐渡の宿にて一泊目"

|

2014.11.07

自分が自動で動かす

20141107_epsn8349_1s


その事前に準備するっていうのは泊まりがけの出張や旅行にも有効で、
書き溜めたネタを事前に投稿しといて更新だけ当日やるコトもあるし、
旅程に応じて下書きしておいて宿で仕上げてアップするコトもあった。
そういうイベントがないときでも、何か妙に筆が進んでしまった場合
などには何日分も登録しておいて、順次更新したコトもあったりした。

ちなみに今回の旅行も下書き対応。一人旅ではないので旅程も比較的
詳細に設定してあって、少なくとも初日と三日目は鉄道とフェリーの
移動がメインだし、出発前夜は荷造りの話題を書いてておかしくない。
(上記の部分、実は24時間ほど前に書いてるが、実際そうしてるはず)

続きを読む "自分が自動で動かす"

|

2014.11.06

自分で回すサイクル

20141106_img_20141101_145113s


追い立てられるばかりでは辛い、少しでも遅れればペナルティだのに。
早く追い越したいのだがそれも難しい。せめて遅れを最小限にしたい。

ブログを毎日更新しているのは日々に追随しようとする試みの一つか。
ときには終日忙しくて時間に追われ作業できない日もあったりするが、
ある程度なら予想できるので事前に書き溜めておく対策が有効となる。

続きを読む "自分で回すサイクル"

|

2014.11.05

他人に合わせるコト

20141105_dscf9505_1s


今週では唯一の「普通の平日」となる火曜日は、かなり調子良かった
月曜に引き続いて、それなりのペースで作業を片付けるコトができた。
まあ遅れていた雑用に追われるなどして、やはり慌ただしくはあるが。

各方面への支払が滞っている状態は相変わらずで、どうしても生活は
受動的に動かざるを得ない部分が未だに多い、そんな日々が続いてる。
生活を取り巻く社会の一部分、それが自分を追い立て続けている感じ。

続きを読む "他人に合わせるコト"

|

2014.11.04

只今友人関係増量中

20141104_img_20141101_110715s


遡って金曜には入金があって銀行へ行ったり遅れた支払など済ませて
ちょっとした用事を少々、さらに近所の友達に呼ばれ喫茶店で喋った。
各所へ行ったり来たりした上に、長々と喋っていたので頭も使ったな。

金曜と土曜の密度が濃かったせいで疲れてしまったのか、日曜日には
週末に持ち越してた作業に取り掛かるつもりが全く進捗できなかった。
そして祝日の月曜、遅れを取り戻すべく朝から頑張って仕事に集中し、
夜遅くなりそうだけど、どうにか目処が立ちそうな気配となってきた。

続きを読む "只今友人関係増量中"

|

2014.11.03

途中から分かれて今

20141103_201410311794003


とはいえ取り戻すには相当な期間を要するだろう、いや取り戻せない
かもしれん。1~2年かけて不活発状態に適応してきた結果が今の体質。
そもそも加齢に伴う変化というのもある。出身高校で文化祭に特定の
期の卒業生を招く会など催しており、今回それに該当して行ってきた。

卒業から随分の年月が経過し、連絡の取れなくなった者も少なからず
いるらしい、そして日々の生活に追われて身動きの取れない者たちも。
まあ諸々の事情があって集まりが悪かったらしい、数える程度の人数。
みんな老けてオッサンかと思ったが、中には昔の姿そっくりのヤツも。

続きを読む "途中から分かれて今"

|

2014.11.02

これは困っちゃうぞ

20141102_201410311795001


炬燵を入れたといっても自宅は日当たりが良くて晴れた日には冬でも
窓を開けてやらないと室温が上がりすぎてしまう、ちょっと困る仕様。

そもそも暑がり汗かき体質。そして夏は例年どうしても出不精になり、
加えて今年は貧乏につき外出をさらに控えていたため極度の運動不足。

資金面の回復傾向が出てきて出歩く頻度も少しずつ増えてきたのだが、
動き回るのに身体がついて来ない感触があって、改善せねばならない。

続きを読む "これは困っちゃうぞ"

|

2014.11.01

部屋中古い物だらけ

20141101_201308011665001


眼鏡は中学生の頃からだけど当時は視野の広さを優先したものだった。
視力が変化したりボロくなったりして高校時代にも買い換えていたか。
大学の生協で丸眼鏡を見掛けて買い、以後そのスタイルを通している。

丸眼鏡といっても割と大きな黒い金属フレーム、鼻当てのついたヤツ。
社会人になって最初に買った眼鏡も、ほぼ同じスタイルのものだった。
実家を出て今の場所で暮らすようになって、駅の眼鏡屋で買ったのは、
もっと小さな銀縁の丸眼鏡。鼻当てがなくレンズの間にある湾曲した
フレームが鼻梁を直に支える古めかしいスタイルが気に入って選んだ。
それもボロくなってきて買い換えたのが現在使っているヤツ、のはず。
で、コイツもまた、何年も使っていて、かなりボロボロになっている。
レンズの傷も目立つし、ツルの樹脂部品も濁ってヒビが入った状態だ。
日常生活にも仕事にも不可欠だのに、予備はないから、壊れたら困る。

だからそろそろ急がないといけない、遠からず予算をつけて対処する。

続きを読む "部屋中古い物だらけ"

|

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »