« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014.12.31

毎年の振り幅は如何

20141231_dsc_0011_1s


人間付き合いに関する習慣を考えてみると、かなり消極的な方だろう。
過去の人生を振り返ってみれば変動もあるけれど、近年は特にそうだ。

出不精、一人の散歩は割と頻繁にするけど誰かと一緒に出歩くコトは
少なく、最近は自分から誘うのも稀になってて専ら誘われたときだけ。

カメラ持参の散歩も、数年前には結構な頻度でカメラ仲間を誘ったり
誘われたりしてた気がするけど、そういえば最近あまりやってないな。

筆無精、数年いや10年に一度くらい妙に沢山の手紙を出す時期もある
けれど、基本的には年賀状などでさえ基本的には出さなくなっている。

ブログにしても、特に読者を呼び込むような活動をしてるワケでなく、
ただ書くコトがあるから書いて、書き散らして、蓄積し続けるばかり。

続きを読む "毎年の振り幅は如何"

|

2014.12.30

来年に振り向いたり

20141230_iimg_0019s


逆に言えば、来年の今頃なんて、それこそ何を考えて何をしてるのか
とても分かったもんじゃないっていうコトにもなるのだろう。きっと。

まあ仕事が仕事なので収入だって2~3カ月くらい先しか見通せないし、
その収入状況次第で機材も手に入れたり手放したりって可能性はある。

もちろん資金状況や使える機材にも気分は影響を強く受けるワケだし、
その気分というのは結局、仕事へのモチベーションに直結してるのだ。

こんな強い正のフィードバックが作用する環境だから、ちょっとした
条件の違いで結果は大きく振り回されるのも当然、致し方ないトコロ。

続きを読む "来年に振り向いたり"

|

2014.12.29

昨年を振り返ったり

20141229_iimg_0018s


できなかった頃の自分の思考パターンを振り返るというのも大事だな、
と思う経験が重なったのは金曜だったかな、夕方の友達とのメールと、
深夜の別の友達とのチャットで、それぞれ別の話題から、そう思った。

過去の自分に近い境遇の人に対して「何故できない」と言い放ったり、
過去の自分に近い境遇の人に対して過去の自分なら反発するであろう
コトを要求するなんてのを、ヒトは割と平気でやらかしてしまう様子。

続きを読む "昨年を振り返ったり"

|

2014.12.28

所持品紹介(42) 今年に間に合った品

20141228_dsc_0001_1s


まあ必要だったり欲しかったりする道具類は、ずいぶん長いリストが
あって、しばしば買いそびれている間に生産終了だとか品切れだとか
そういう理由で入手困難/不能になるので優先順位には常に気を配る。
それでも買い損ねる品が多いのは、もう仕方ない、貧乏だったんだし。

しかし今後のコトを考えると、今ここで買っておかないと後が面倒に
なる、といった品物もあって、例えば今ある機材にも今後の機材にも
対応する唯一のオプション品、みたいなのはやはり優先順位が高めだ。
ましてそれが生産終了してて、今ならまだ入手できるといった場合は。

続きを読む "所持品紹介(42) 今年に間に合った品"

|

2014.12.27

今年、あともう少し

20141227_img_20141207_131709s


たぶん今年の仕事は、唐突に終わった(追加の作業が発生しなければ)。
あとは年越しの準備。金曜には、週明け月曜日になると予想していた
入金2件のうち1件が入っていたので喜び勇んで、まあ最初に遅れてる
支払を済ませてから、「必要なんだけど今まで妥協していた機材」の
幾つかを調達しようと中野のカメラ店そして新宿の量販店へ出掛けた。

続きを読む "今年、あともう少し"

|

2014.12.26

毎年、もう少しずつ

20141226_iimg_0029s


そりゃあ自分のコトなので苦手だとか不得手な部分など嫌というほど
思い知っているし、誰に言われるでもなく改善したいし努力や工夫を
しているものだと思うが、「他人」てのは大概、その表層をのみ言う。

いやホント、足りないトコロだらけで、どうしようもないと思うのだ。
そもそも気が多くて多芸傾向が強く、そのどれか一つでも突き詰める
に至るまで、果たして人生の残り時間が足りるのかどうか、とか思う。

続きを読む "毎年、もう少しずつ"

|

2014.12.25

来年も少しずつ変化

20141225_iimg_0001s


風呂上がり髪が乾くまで時間が掛かるようになると月末だなあと思う。
特に冬期は床屋でのカットが長めになるので、月末が近くなると枕や
帽子などで癖がつきやすくなる。そんなワケで、火曜日に行ってきた。
まだ月末というには早いけど、いや実は毎月末に固定するのではなく
それより少し早いサイクルで散髪しようかなと、思ったりもしている。

ちょっとした習慣を、ところどころで少しずつ変化させたりするのが、
ここ数年のいつものパターン。少しずつなら気楽に取り組めるものだ。
あと、苦手なトコロを無理にでも何とかしようとするのは、諦めてる。
人間付き合いの面倒な部分についても、そういう扱いになると考える。

続きを読む "来年も少しずつ変化"

|

2014.12.24

何年もずっと不器用

20141224_iimg_0035s


ちなみに月曜の夜には、とある取引先の忘年会に呼ばれて行ってきた。
こういう感じで飲んで騒ぐのを毎日のようにやっていられる人は凄い、
しかも仕事付き合いというだけの関係で。とてもじゃないが、面倒だ。

そう、面倒だと思いながらも、わざわざ心にもない気の利いた言葉で
場を盛り上げたり相手を持ち上げたりする、などという年頃でもない。
いやまあ年頃というか考えてみれば若い頃からそんなの苦手だったが。

続きを読む "何年もずっと不器用"

|

2014.12.23

何年前の本だったか

20141223_iimg_0030s


そこそこ忙しい日々に慣れて、ちょっと時間に余裕ができた頃合には
読書が捗る。小人閑居して不善を為すとはいうが、読書なら良かろう。
年の瀬に向け(おそらく年内の新規発注はない)仕事量が徐々に減って
いく中で落ち着いて年を越すためにも、ちょっと精神的に充電したい。

しばらく活字から遠ざかっていたせいか却って没入しやすいというか、
まあ過去に読みたくて買った本なのだし読むのは楽しみだったワケで、
まだ残る仕事や家事の合間の断続的な時間ながら、思ったより進んだ。
概ね2日で1冊くらいのペースかな。ごく一般的な文庫や新書くらいで。

続きを読む "何年前の本だったか"

|

2014.12.22

10年前のデジカメで

20141222_epsn8875_1s


そういえば先週の寒波では名古屋に20cmの積雪というニュースがあり、
それが9年振りというので思い出したのだが、まさに9年前に岐阜まで
出張しており、大雪の予報を受け列車の遅れを見込んで出発していた。

まさにその当日の写真が、まだ手許に残ってて、デジタルだったので
日付が確認でき、さらに当時の写真やメールの履歴を元に後日書いた
ブログ記事も発掘、電子記録の利便性を改めて思い知るコトとなった。

銀塩写真だったら、よほど後工程に手間をかけておかないと、こんな
具合に一覧から記憶を頼りに日付情報と目視で探すなんてのも不可能。
一覧画面でスクロールしていくのは、ベタ焼きよりずっと探しやすい。

続きを読む "10年前のデジカメで"

|

2014.12.21

不満もある年末年始

20141221_epsn8863_1s


法令の都合から考えると本来なら自分の作業が完了して発注者が受領
したなら請求書を発行でき、それに対する支払も規定があるワケだが、
まあ業界に古くからある慣習、なかなか容易に変わってくれないもの。

あと、発注者の方でも多数の案件に追われる日々、個々の発注先への
連絡だとか、それぞれが絡む案件の進捗などを管理するのは困難だし
それらを発注段階で整理して伝えるのも骨が折れるのだろうとは思う。

しかしせめて請求できそうなタイミングがどうなるのか、発注段階で
想定する範囲で構わないから教えてくれても良さそうなものだろうに、
そもそも対価を幾らにするかという腹づもりさえ教えてくれないのだ。

しかし、そのあたりが分からないと、受注する側としても「幾ら分の
工数を費やして良いのか」など仕事以前の段階で余計な考えが発生し、
なかなか本来の作業にも身が入らない。互いの為にならないのである。

続きを読む "不満もある年末年始"

|

2014.12.20

時間はある年末年始

20141220_epsn8862_1s


先月末の請求を確定させる作業を並行して進めているのだけど、少々
思惑が外れたようで、来月末請求になりそうなのが幾つか発生しそう。
そうなると入金も一カ月遅れるコトになり収入に一時的な落ち込みが。
たぶん乗り切れるとは思うが、当面は倹約生活に戻らねばならなそう。

続きを読む "時間はある年末年始"

|

2014.12.19

年の瀬への遣り繰り

20141219_epsn8858_1s


スマートフォンは初ではない、ただし今回の機種は初めて買うOSの方。
とはいえ実は2年か3年前に貸与品を数日間使った経験もあったりして、
だいたいの相違点は分かっているし、そのときに作ったアカウントを
(パスワードは忘れてたけど復活させ)流用したので、ほぼ購入当日に
あらかた設定は済んでしまった。案外それなりには馴染めるものだね。

ただ、一つ前の世代の機種だから、最近のスマートフォンに比べると
一回り小さい上に画面解像度も低いっていうのが、まあ如実に分かる。
実際問題として、主に通話用として使うつもりだから小さい方が使い
やすいっていう利点はあるんだけど、せっかくの別OSの機種なのだし
少しはスマホらしい使い方もしようと考えていて、少しだけ気になる。

続きを読む "年の瀬への遣り繰り"

|

2014.12.18

さっそく訪れた変化

20141218_img_20141217_145525s


先日のカメラ故障に続き今度は携帯電話が一つ不調に陥ってしまった。
SIM認識不可とのエラーを頻発、SIMスロット周辺の接触不良か何かか。
買ったのは3年か4年前かな、製造元は買収されブランドだけ残る有様。
既に移行先は検討していて、ただ少し月々の出費が増えるなどの理由
から先送りしていたのだけど、まあ頃合と思うコトにして買い換えた。

今までの機種はフィーチャーフォンとして扱われがちだったが、実は
キャリアに縛られずメーカーが作った共通OSでアプリを管理するなど、
むしろ考え方の上では、今のスマートフォンの方が近いものであった。
結局メジャーなモバイルOSになるコトができず廃れてしまったのだが。

まあそれはともかく。今回の移行先は普通のスマートフォン、ただし
値段の都合もあって(まだ販売されているとはいえ)旧機種を選択した。
そして通話し放題のプランへ(ただし、実際に移行するのは次の〆日)。

もともと喋りたい相手がいるので契約した回線だから、同一キャリア
内だけ無料のプランだったのだが、今度からは他キャリアにも使える。

そんなワケで、負担額は増えるけど、それなりにメリットはあるはず。

続きを読む "さっそく訪れた変化"

|

2014.12.17

変化には追随しよう

20141217_img_20141207_154926s


さて、ここ2~3カ月続いた仕事の山は、どうにか乗り越えられた模様。
平日には普段通りのデイリー作業が続くので動きづらくはあるものの、
次の週末あたりには久々に何の予定もなく身体を休められそうである。

このところ心身とも苦痛を感じるレベルだったので、年末年始を前に
しっかりと身体を休めて、それからちょっと本格的に息抜きをしよう。

そういえば、まとまった活字も読んでない、親に借りた本もあるので
忘れてしまわぬ間にざっと読んで、あまり待たせず返すようにしよう。

続きを読む "変化には追随しよう"

|

2014.12.16

タタリガミへの対処

20141216_epsn8840_1s


そもそも「オレサマ」な自信家くらいでないと会社を興すなどという
リスクに挑戦しないんじゃないか、っていう側面はあるかもしれない。
だからその手の人が、そういう立場に立つのも、割とあるハナシかも。

そして他人についての発言が(面と向かっていようといまいと構わず)
10のうち8か9は短所や本人が気にしてそうな点ばかりで占められてて、
良い方への評価は1か2くらいしか言わない傾向も、この手の人に共通

短所とか気にしている点ってのは確かにそう、だいたい当たってるが、
見方によっては短所とも長所とも言えるような部分まで悪い方の文脈
でしか語らなかったりするあたりも、そういう人たちに共通の問題点。

陰口でも面と向かってでも変わらないのは、裏表がないという意味で
良くもある。しかし相手にする当人からみると、精神的にじわじわと
減点されていく気分。限度を下回れば相手をするのも投げ遣りになる。

酒の場だってそう。一緒に飲んでても面白くなくて悪酔いしてしまう。
すると「コイツは酒が弱い」といった評価までされてしまう。つまり
必要以上にネガティブイメージを持たれる結果となって、面白くない。

続きを読む "タタリガミへの対処"

|

2014.12.15

一人でもタタリガミ

20141215_img_20141129_205838s


オキャクサマというのはワガママなカミサマであるとは毎度言ってる
コトだけど、それは多くの場合、複数の客の要求を全方位に総合して
いくと到底実現不可能な神仏レベルの内容になってしまう、といった
意味であって、それゆえ提供側はニーズの中でも特定方向を指向して
他の方面には妥協する、といった対応によって回避するコトが可能だ。

ただ、ときたま全く一人の担当者個人みたいなのが全方位に要求する
場合もあって、そういうヤツとの関係には、本当に神経を磨り減らす。
さっさと縁を切れればいいんだけど、得てしてそういうヤツってのは
相手の弱みにつけ込んで非道な要求を通そうとするから手に負えない。
ヤツがワンマン社長やってたとき、何人の部下を使い潰しただろうか。

続きを読む "一人でもタタリガミ"

|

2014.12.14

諸事情ってのが問題

20141214_dscf9589_1ts


もう一方の先輩というのは、今回の三人の中で唯一ずっと元の会社を
離れず仕事を続けていた人なのだけど、その会社の事業領域が縮小し
いよいよ立ち往かなくなりそうで、どうしようかと悩んでいるそうな。

割とニッチな分野での事業、その領域は時代の流れに翻弄されてきた。
半世紀ほどの歴史の中でピークを打ち、そして急激に先細っていった。
しかもその会社が所属する業種全体が過去数年間で激動に見舞われて
幾つもの企業が姿を消したり業態を変えるなどしていたのにそのまま。

だから先輩から改めて近況を聞いて「まだ続いていたコト」に驚いた。

続きを読む "諸事情ってのが問題"

|

2014.12.13

諸事情あって新宿で

20141213_img_20141213_054743s


昔の職場の先輩たちに呼ばれて飲んできたのだけど作業が重なってて
寝不足だったりしたせいか、先輩のうち押しの強い方に振り回されて
想定していた以上に長時間の会合となってしまったせいか、疲労困憊。

続きを読む "諸事情あって新宿で"

|

2014.12.12

投影できるのは中身

20141212_img_20141207_132106s


自分も考えながら、相手にも考えてもらう、そういう対話のスタイル。
だからまあ、「自分以外に考えさせない」話し方をするような相手は
ちょっと苦手かな。口を挟ませないようなタイプとか、そういうヤツ。

考えるという行為そのものは、人間なら誰でも、大差なく行っている。
ただ人それぞれに知ってる世界が違う、そして他人の知っている世界
について詳しく知らないコトもある、ゆえに考え方が相違してしまう。

というより違って当然なのだから、他者が口を挟むのを排除するのは
その違いを受け入れまいとする独善、あるいは拒絶の姿勢を示すもの。
まあ拒絶の理由は人それぞれだと思うけど、こういうのは未だ苦手で。

特に、その調整を拒否する姿勢の示し方、コイツが非常に厄介なもの。

人によっては高圧的な態度で威圧して萎縮させようとしてきたりする、
それでもなんとか勇気を出して反論しようとすればエスカレートして、
それこそ脅迫めいたコトにまで及ぶようなヤツがいて、今でも苦手だ。

で、その相手にはトラウマのように苦手意識が、拭いきれず残ってる。
できるなら距離を置きたいんだけど仕事の縁もあり、なかなか切れず。

ああまあいいやこのへん言い出すと愚痴しか出てこないんで中断する。

続きを読む "投影できるのは中身"

|

2014.12.11

言葉も繋がっている

20141211_epsn8872_1s


このところ多忙で疲れが溜まったのか寝起きが良くなくなりつつある。

月曜は自宅で終日作業だったが想定より2~3時間も寝てしまった上に
進捗もイマイチ、仕方なく深夜から火曜未明にかけて追い上げるべく
半徹で作業をして、午前中のアポイントに出る前に小一時間ほど仮眠
しただけで夕方まで活動したらさすがに疲れて帰宅して即ダウンした。

水曜以降は当面アポイントがないので自宅で作業に集中できるはずで、
ひとまず睡眠サイクルと作業ペースを調整しながら進めるコトにした。
調子を崩したまま突き進むなど無理で、必ず何処かで破綻するものだ。

3カ月前の9月には暑い暑いと文句を言っていたのが12月には寒い寒い
と文句を言うようになる、この季節の変化が早く思えてきたら老人か。

続きを読む "言葉も繋がっている"

|

2014.12.10

枝葉は繋がっていた

20141210_epsn8873_1s


考え方そのものというのは、教えるのが非常に難しいものだ。まして
学校教育というか管理教育では、ついつい点数の方にばかり注目して
しまうから(というよりは数字や書類にならない情報が見落とされる)、
「考え方を身に付けさせる」との目標を掲げたって有名無実に終わる。

学校では、教える側も教わる側も、そして保護者という連中まで含め、
ついつい成績だとか秩序のような目に見える面で管理してしまうもの。
まして学校は文科省という官僚組織によって数字と書類で管理される。
目に見えぬ部分、あるいは曖昧な部分を排除するのが、役所の仕事だ。

だから、「考える力」みたいなのが得られたかどうかは、そういった
組織の手に余るコトであり、教員一人ひとりの資質や能力、それから
生徒と接する時間などが頼りになるはずなのだけど、近年の学校では
特に時間が全く足りない、教育以外の雑務が多すぎて無理という有様。

そんなハナシを、教師をしてる友人と日曜にドライブしながら話して、
さらに火曜の夜にもチャットで延長戦して、その後は一人で考えてた。

続きを読む "枝葉は繋がっていた"

|

2014.12.09

そこは穴なのか否か

20141209_dscf9651_1s


このところ急に、友人などと喋る機会が増えた。これまで貧乏だった
から人付き合いも減らさざるを得なかったワケで、その反動といえば
そうなのだけど、ちょっとばかり変化を急にしすぎたかもしれないな。

なにしろ先月あたりから仕事もプライベートも忙しくて、特に直近の
1~2週間くらいは自宅で終日過ごす日がほとんどなく、たまに自宅で
過ごせる夜も仕事で半徹して炬燵で仮眠、布団で寝る日も数えるほど。

まあしかし、ひとまず一連の用事も多くが片付いて、今週の後半には
自宅に腰を据えて(あるいは喫茶店などに出て)残る作業に専念できる
ような気がしてきた。まあまた遠からず次の予定が入るとは思うけど。

続きを読む "そこは穴なのか否か"

|

2014.12.08

まだまだ分かるまい

20141208_dscf9665_1s


細く長い人間関係の方が向いていると感じるのは、自分自身を簡潔に
説明できる言葉を持ち合わせていないせいもあるのではないかと思う。
しばしば「変人」枠で扱われたりするが、あまり類型がないと感じる。
自分自身でも説明しづらいのだから、周囲から見れば猶更ではあろう。

その場に応じて動きがちな癖があり、対応できる範囲は広いが際立つ
得意分野というようなのがない、というか幅広さのみが際立つのかな、
それでいて、大概の場において微妙に染まりきらないというか、何か
「そこに馴染んでるけどそこにいない部分もある」ような気配がある。

云々。

続きを読む "まだまだ分かるまい"

|

2014.12.07

まだまだ会えるから

20141207_dscf9662_1s


友達夫婦の、婦の方は割とよく喋る人で、夫の方は少し口下手な人物。

定休日の前夜から当日にかけては主に夫の方とコミュニケーションを、
と思っていたのだけど、まあそんなに話が弾むというほどではなくて、
定休日の深夜に、婦の方から指摘されてしまった。けどまあ仕方ない。

似たトコロが少なく共通の話題をあまり見出せていないし、もともと
若干の距離感を持たれている様子も感じられるので、これからの人生
長い付き合いの中で少しずつ間合いを詰めていくようなつもりでいる。

なにしろ、まだ数年の付き合いでしかないのだ。まだ人生の先は長い。

続きを読む "まだまだ会えるから"

|

2014.12.06

世界遺産の城も久々

20141206_dscf9657_1s


平日に旅行という日程にしたのは相手の店の定休日に合わせてのコト。
2泊3日の中日には、それほど遠くない場所までドライブに行ってきた。

昨年の夏に訪れたときは工事中のため巨大な覆屋が掛かってた姫路城。
今回は天守閣の化粧直しが済んで漆喰も真っ更な「白すぎ城」の風情。

「いや、いつもの見慣れた姿は“灰鷺城”とでも呼ぶべきではないか」
漆喰は1年2年もすれば薄黒ずんでしまうらしいので美白の城は今だけ。

続きを読む "世界遺産の城も久々"

|

2014.12.05

久々に会った友達に

20141205_img_20141202_095754s


そんな大荷物を抱えて何をしに行ってきたかというと、まあそんなに
大した用事ではなく、予定より遅れている仕事を抱えて遠方の友人宅
に2泊3日お邪魔して、一緒に休日を過ごしてきただけ、だったりする。
ただ先方に持参する土産があったり仕事道具があったりで量が増えた。

仕事での出張を考えれば、かなり多めの機材を持ち歩くようになるか
大きな道具を持参するようになれば、大きなつづらの出番になるはず。
今ある機材は小型軽量かつ低価格でアウトプットの品質も妥協をした
ようなのが多いから、より大きく上等な機材に更新したくはあるのだ。

続きを読む "久々に会った友達に"

|

2014.12.04

久々に出番を作った

20141204_img_20141202_110145s


通称「大きいつづら」を前に使ったのは何年前のコトだっただろうか。
何処へ何の用事で行くときに使っただろうか、実はよく思い出せない。
ただ、全く使っていないというワケではない。そのコトだけは、周辺
状況などから考えると間違いないのだ。ただ核心部分を思い出せない。

買ったのは「小さいつづら」より少し後、2010年末頃のコトであった。
ちょうど物凄く大量の仕事が入って忙しくて出張も繰り返し入ってて、
まあ割と今のような感じで、いや今より多くの入金が見込まれたので、
多忙すぎる日々のストレスと入金が相俟って、気分に大きく影響する
仕事道具を買い足したり買い換えたりしていた、その一環だったのだ。

続きを読む "久々に出番を作った"

|

2014.12.03

「気分」の使い勝手

20141203_img_20141129_152853s


気分というヤツは、ヒトにとって生活の上で非常に大きな要素である。
そんな気分というのが、無数に重なると、それこそ社会の気分となる。

政治における民意というのも、経済における消費マインドというのも、
まあ実態とか現実といったのとは別にヨノナカを動かしてるのが実質。

もちろん最終的には現実の壁に衝突して終わったりするコトも多いが、
「政治不信の気分」とか「デフレな気分」みたいなのの影響は絶大だ。

続きを読む "「気分」の使い勝手"

|

2014.12.02

便利な道具ってのは

20141202_img_20141130_131125s


ここ数カ月の多忙は家計にも反映されてきて、11月末の入金は10月に
引き続き高めの水準となった。とはいえ貧困生活が続いていた後では
不足したまま我慢していた品物や遅れていた支払いなどが溜まってて、
まるで乾いた砂が水を吸い込む如く、サーッと流れていってしまうが。

それでも、現状の受注からすると2~3カ月は近い水準で推移しそうな
気配があるので、思い切って身の回りの品を買い換えたり買い足した。
なに、乾いた砂だって底は知れてて、遠からず潤うものではあるのだ。
今回は第一歩のようなもの、“文化的な生活”を実現するまでのこと。

台所とか風呂周りの生活雑貨は、何年も使い込んでボロボロになって
いたのを幾つか入れ替えただけで、思った以上に(しかも出費の割に)
効果があって、ずいぶんと気分的に明るくなった。これは新しい発見。
調理道具の一部も劣化しているので、次の機会に買い換えようと思う。

続きを読む "便利な道具ってのは"

|

2014.12.01

便利な人であるコト

20141201_img_20141128_162120s


取引先の人と飲むコトはたまにあるが今回の青森出張の帰りに飲んだ
相手とは初。まだ1~2年の関係だが、担当氏は気に入ってくれている
らしく、他の相手先に発注している別業務も頼みたい、と語っていた。
別の発注先と比べて成果物に対する修正が少なくて済むコトや、対応
できる業務の範囲が広いので発注側として利便性が高い、とのコトで。

仕事は少しニッチな領域で発注側からすると探しにくいトコロはある
のだと思う。それゆえ顧客どうしの紹介から仕事が繋がるコトも多い。
だから新規顧客を獲得する機会は少ないが、いったん気に入って安定
顧客となってくれれば長い関係が期待できる。まれに短期集中発注が
あり死にかけるが、発注頻度は多くないのが普通だから、続けられる。

続きを読む "便利な人であるコト"

|

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »