« 変化には追随しよう | トップページ | 年の瀬への遣り繰り »

2014.12.18

さっそく訪れた変化

20141218_img_20141217_145525s


先日のカメラ故障に続き今度は携帯電話が一つ不調に陥ってしまった。
SIM認識不可とのエラーを頻発、SIMスロット周辺の接触不良か何かか。
買ったのは3年か4年前かな、製造元は買収されブランドだけ残る有様。
既に移行先は検討していて、ただ少し月々の出費が増えるなどの理由
から先送りしていたのだけど、まあ頃合と思うコトにして買い換えた。

今までの機種はフィーチャーフォンとして扱われがちだったが、実は
キャリアに縛られずメーカーが作った共通OSでアプリを管理するなど、
むしろ考え方の上では、今のスマートフォンの方が近いものであった。
結局メジャーなモバイルOSになるコトができず廃れてしまったのだが。

まあそれはともかく。今回の移行先は普通のスマートフォン、ただし
値段の都合もあって(まだ販売されているとはいえ)旧機種を選択した。
そして通話し放題のプランへ(ただし、実際に移行するのは次の〆日)。

もともと喋りたい相手がいるので契約した回線だから、同一キャリア
内だけ無料のプランだったのだが、今度からは他キャリアにも使える。

そんなワケで、負担額は増えるけど、それなりにメリットはあるはず。

--
その翌日には、いきなり仕事の電話が入り即日打ち合わせ、即日着手。
年末らしく納期が近いとのことで、数日ほど集中するコトになりそう。
ずっと連なっていた一連の案件の山を越えた後で、休んだのは2~3日
だけだったが、まあそのくらいのペースで入ってくるなら文句はない。

そりゃあカネが入るに越したコトはないが、多忙すぎて潰れたりする
ようでは元も子もないし(過去に経験があるから)、程々の状態が良い。
浮草稼業でありながら、コツコツやらねば続かない、少し難しい仕事。

しかし読書とか経理の予定は少し先延ばしするコトになってしまった。
この案件が終わったら忘れず着手したい。今年も残り少ししかないし。

冬の嵐の中を折られた針葉樹の枝先が激しい風に吹かれて歩いていた。

|

« 変化には追随しよう | トップページ | 年の瀬への遣り繰り »