« 久々に出番を作った | トップページ | 世界遺産の城も久々 »

2014/12/05

久々に会った友達に

20141205_img_20141202_095754s


そんな大荷物を抱えて何をしに行ってきたかというと、まあそんなに
大した用事ではなく、予定より遅れている仕事を抱えて遠方の友人宅
に2泊3日お邪魔して、一緒に休日を過ごしてきただけ、だったりする。
ただ先方に持参する土産があったり仕事道具があったりで量が増えた。

仕事での出張を考えれば、かなり多めの機材を持ち歩くようになるか
大きな道具を持参するようになれば、大きなつづらの出番になるはず。
今ある機材は小型軽量かつ低価格でアウトプットの品質も妥協をした
ようなのが多いから、より大きく上等な機材に更新したくはあるのだ。

--
今回の旅では行き先の都合で遅い方の新幹線に乗った。名古屋までで
2時間、下車する西明石まで3時間半。車窓から富士山が綺麗に見える。
低気圧が通過した後の冬晴れ。しかし車中では専ら作業、あと仮眠を。

行き先は晩秋の播州、7~8年の付き合いになる友人夫婦の店舗兼自宅。
2泊3日の日程の中日には荷物を置かせてもらって身軽に出歩けるよう、
小さな鞄も箱の中に仕舞い込んでおいた。「大きいつづら」ならでは。

せっかく互いに時間を作って会ったのだ、仕事する時間はあまりない、
そう決めて出てきたものの、なかなか完全に離れられるものでもなく、
ところどころで作業をしたり、仕事の連絡を受けるなど、する羽目に。

おまけに飲み食いして喋っている間には時間が過ぎて眠くなっていき、
先方の生活サイクルに合わせるように寝室へ、という感じだったので、
話し込む時間は大して長くなく、相手は少々不満だったかもしれない。

コレもしや昔話にいう「大きなつづら」のジンクスだったりするのか?

|

« 久々に出番を作った | トップページ | 世界遺産の城も久々 »