« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015/01/31

ときたま雪が降って

20150131_dsc_0286_1s


関東南部の冬というのは基本的に乾いて冷たい空気となるものだけど、
年に2~3回ほどの頻度で太平洋側を低気圧が通過したりして雪も降る。

自宅から数十メートルほどのトコロを準幹線道路が走っているせいで
普段は深夜にも少しだけ車の音が聞こえるのだけど雪の夜だけは違う。

空から多孔質の結晶の塊が途切れなく降り続いてくると音が吸収され
部屋の中は静まり返る。未明から降り始めたコトを、そうして知った。

続きを読む "ときたま雪が降って"

|

2015/01/30

ときたま変な考察を

20150130_iimg_0062s


ちなみに鼻炎薬は起き抜けに1回だけ服用していたのだが、5日目の朝
には症状がそれほどでもなかったのに箱を手に取っており、服もうと
している動作に気付いて途中で止めた。習慣付くまでが、随分と早い。
習慣が抜けるのも、ひょっとしたら早い。おそらく、そういう体質だ。

いろいろな習慣を得ては手放す繰り返し、というトコロまでが日常で
あるらしく、たとえば数年前や10年前といった過去を思い返そうにも、
当時の習慣は何だったか、あまり明瞭に思い出せないコトがほとんど。

でも何かの弾みで、「そういえばコレ昔やってた習慣的動作に似てる」
みたいなのを思い出して、妙に懐かしく感じ入ってしまう場面もある。

こういうトコロは、アタマよりカラダの方が覚えてくれているようだ。

続きを読む "ときたま変な考察を"

|

2015/01/29

ときたま日付が飛ぶ

20150129_iimg_0055s


先日買ってきた鼻炎薬の残りをふと数えてみたら4錠減っていて、1日
1錠で済むタイプであることから、買ってから4日が経った計算になる。

誰とも同居してない生活だから消耗品の消費ペースで日を数えられる。
といっても大概は食材だな、その他には個包装タイプの入浴剤くらい。
レトルトカレーやカップ麺などは1食単位、スパゲティなら100~125g、
食パンは半斤ずつ。コメは圧麦を混ぜて炊くのでちょっと数えづらい。

続きを読む "ときたま日付が飛ぶ"

|

2015/01/28

ときたま直感で推理

20150128_iimg_0077sqs


余談だけど、鼻腔上皮は外胚葉性なのだそうだ。たぶんそうだろうと
以前から思っていたコトだったが、鼻炎ついでに改めて調べてみたら
発生の過程で、外胚葉から内胚葉側へ落ち込むように形成されるとか。

これは全くの直感からスタートした推論。そこから脳内の知識を繋ぎ
合わせつつ、「だいたいこんな感じだろう」と流れを考えてみたのだ。
鼻腔には毛が生えているが、このケラチン質の繊維は内胚葉性の内臓
などにはない、コレを作るのは外胚葉だけではないかと仮説を立てた。

続きを読む "ときたま直感で推理"

|

2015/01/27

ときたま鼻の具合が

20150127_iimg_0074s


ここしばらく鼻炎の症状に悩まされていて、先日は原因の一つである
可能性が考えられた浴室の黒カビを念入りに除去するなどして様子を
見ていたが、大きな改善はみられず、やむなく対症療法として市販の
鼻炎薬を購入、こいつで症状を抑えながら治癒を期待するコトにした。

鼻炎症状があると、ついつい気になって鼻腔に刺激を与えてしまって、
それで余計に長引くと考えた。それなら対症療法でも根治に近付ける。

続きを読む "ときたま鼻の具合が"

|

2015/01/26

ときたまおことわり

20150126_iimg_0076s


こうやって書いている文章からは、多くの人が理屈っぽいとの印象を
持つのではないかと思うが、本人そんなつもりは全然なくて、むしろ
直感に依存している度合いが高い。単なる思い付きから考えを巡らせ、
そいつを筋道立って読めるようアウトプットしているだけに過ぎない。

まあ文章化しながら思考を整理しているので、そこは理屈っぽい部分
があると言えるのかもしれんが、あくまでも自らの器の中にある混沌
とした部分から流れ出てきたナニカに依拠して考えを展開してるので
あって、ほぼ直感的な発想からスタートしている点は間違いなさそう。

続きを読む "ときたまおことわり"

|

2015/01/25

長い取組の副生成物

20150125_iimg_0070s


多数の人物や組織が関わり無数の要素が相互に絡まり合い影響し合い
ながら動いていくモノゴトに対するのも、自分自身の分析の延長線上。

まあ考慮すべき要素は膨大になり、また特に自分自身の内にない感覚、
情動や規範や視点なども踏まえておかねばならない点は要注意である。

続きを読む "長い取組の副生成物"

|

2015/01/24

長続きさせたい取組

20150124_dsc_0255_1s


もちろん悪循環のプロセスを細かく分解して一つずつ潰していくのも、
手間や時間は掛かるが中長期的にみれば効果を発揮してくれる、はず。

続きを読む "長続きさせたい取組"

|

2015/01/23

長続きさせないコト

20150123_iimg_0069s


いや実は今そんな黄昏れたりしてる暇なんてなかったりするのである。

「やる」とか言っておけばできているくらいなら、誰も苦労はしない。
まあ要するに溜まった案件の進捗が芳しくないままであるというコト。

作業の停滞が精神的苦痛をもたらし意欲まで低下して余計に停滞する。
いったん悪循環に陥ると抜け出すのは困難で毎度のように時間を失う。
だから、そういう状態を長引かせぬよう、いろいろ手を変え品を変え。

続きを読む "長続きさせないコト"

|

2015/01/22

「今」は続かぬもの

20150122_dsc_0283_1s


黄昏れている暇はない、あっという間に日は暮れて夜になってしまう。
いやむしろ、あっという間に過ぎる時間だからこそ黄昏れてたいのか。

年末に修理を依頼していたカメラが、メーカーで調べたら「再現せず」
とのコトで費用ゼロで返ってきて店とメーカーに手間を取らせただけ
になってしまったが、一通りの機能を確認したら本当に元通り使える
上に、メーカーで「不調だが交換部品なし修理不可」と診断されてた
部分も全く問題なく動作しているので、きっと長年の酷使に疲弊して
一時的に音を上げたようなものだったのだろう、とか勝手に思ってる。

仕事に関連した撮影なら先輩のお下がりで間に合うだろう、そっちは
長らく保管されていただけというので劣化も少なそうだし、丁度良い。
同じくらいの時期に発売されていた同系列のカメラだから、レンズや
スピードライトは共通で使えるので一緒に持ち歩いても悪くなさそう。
っていうか一昨年までは全く互換性のない組み合わせで使ってたので、
それこそ非効率ではあった。両方とも気に入った機種ではあったけど。

続きを読む "「今」は続かぬもの"

|

2015/01/21

無理は長く続かない

20150121_dsc_0279_1ts


さすがにちょっと睡眠時間が足りなかったのか、未明に仕事するぞと
意気込んでみたものの再び寝落ちして、ほとんど作業は捗らなかった。
そういえば木曜の夜からほとんど、あまり身体を休めていられる余裕
もなかったので、かなりの疲労が蓄積していたのだろうな、仕方ない。

午後の定例作業を終えた後、ちょっと気分転換がてら街中の喫茶店へ
出て、いつものアイスコーヒーを注文し遅れている作業に取り掛かる。
まだ眠気が残っているが、少しずつでも進捗させていかねばならない。
案件はコレとアレとソレがあって、最後の一つは金曜午後までの納期。

続きを読む "無理は長く続かない"

|

2015/01/20

苦い表情をしてでも

20150120_dsc_0277_1s


諦めとか割り切りのようなのは、適度に持つのが肝要というワケだな。
それを(自分に対しても他者に対しても)全く許さないのは辛すぎるし、
もちろん安易に使ってしまうようでは単なる逃避とか甘えでしかない。

それはそれとして仕事に追われた週末に続いて月曜のアポイントだが、
週末に抱えていた仕事の量が多すぎたのか片付いていない上に定例の
作業も加わり、ほぼ徹夜でアポ先へ向かい、帰ってきたら寝落ちした。

まだ山場は続いており、このまま朝までは作業しないと間に合わない。
もとより仕事が早いワケではないから粘って片付けてくしかないのだ。

まあそうなんだよ、実際に目の前の問題を何とか片付けようとすれば、
自分の能力その他いろいろ考えると、真面目に向き合わざるを得ない。

続きを読む "苦い表情をしてでも"

|

2015/01/19

相手を向き合わす声

20150119_dsc_0253_1ts


表面的には同じような愚痴であっても、聞いていて疲れないというか
むしろ自分から前向きになって相手も前向きになるよう促したくなる
ようなのもあって、どこがどう違うのか、比較して考えると興味深い。

よく長電話や長時間のチャットなどで聞くのは、目の前にある課題を
解決したい、解決しなければ将来がない、そういった意志が強くあり、
解決するために何ができるか、何をするのが望ましいのか、といった
具体的な方策を主に求めている、そんな具合の内容が多いように思う。

途中、社会が抱える問題についての話題も出るけど、それは周辺事情
を把握する過程で出てくるのみで、主眼点は常に本人または家族とか
職場とか身近にある課題、金夜の例の相手の愚痴とは根本的に異なる。

解決したいという意志が明確にある、しかも可能な限り自力を主体と
して想定してる、というか自身が抱える課題から自分は逃げられない
との意識が根底にあって、まず自分自身で何とかせねばという考えだ。
だから、こっちも聞いていて前向きに助言したいという気持ちになる。

続きを読む "相手を向き合わす声"

|

2015/01/18

相手と向き合わぬ声

20150118_iimg_0057s


疲れているときに聞くと疲労を加速させるようなハナシ、てのはある。

たとえば某所の知人などは、特に酒が入ると大量の悩みを口にするが
それらは悉く解決策の見出せないものばかりで、しかも自分自身とか
家族親族といった身近な問題から始まって、何故か日本社会の抱える
壮大な課題みたいなのまで、とりとめもなく展開して垂れ流していく。

おそらく、自分の目の前にある課題が解決できないから逃避行動的に
社会が抱える解決しようもない問題を語り始める人なのだろうと思う、
けどこれが、あたかも「自分の抱える課題が解決できないのは社会に
問題があるから仕方ない」などと言ってるように聞こえるものばかり。

解決策を求めているのでなく、慰めの言葉を期待するでもなく、ただ
悩みとか不安を垂れ流して、しかも課題を解決する術を持たぬ自分を
ただ無力な存在であるとアピールするだけの内容では、相槌も打てず
ほとんど聞き流すしかできないのに、相手はこっちに喋ってくるのだ。

この人が新聞とかネットとかTVでニュースを見るのは、そんな自分の
抱える不安を垂れ流す際に薄める材料を得るのが目的なのではないか、
そう思ってしまうほど次から次へと、まるで呼吸するが如く垂れ流す。
そりゃあもう、聞いていて疲れてしまっても致し方ないと思うんだな。

続きを読む "相手と向き合わぬ声"

|

2015/01/17

予定と用事の相関性

20150117_iimg_0067ts


木曜の夜遅くなってから電話が立て続けに入り、金曜午前と月曜午後
それぞれアポイントが入って、それに伴う作業で週末が埋まる予定に。

先週から依頼されていた案件も進捗が遅れ気味だったトコロにコレで、
「ちょっと忙しい」から「きわめて多忙」へと週末の状況は一変した。

続きを読む "予定と用事の相関性"

|

2015/01/16

体調と進捗の相関性

20150116_dsc_0257_1s


ところで最近ちょっと体調を崩し気味で、どうやら風呂場の黒カビを
少々放置していたのが原因で軽い鼻炎になっていて、息が苦しいから
口で呼吸して乾くので半ば無意識に唾液を飲み込んで消化管に空気も
取り込んでしまうとか、寝ているときにも途中で目が醒めて全体的に
眠りが浅くて睡眠不足とか倦怠感とか、熟睡できないおかげで頻繁に
寝返りを打つなどして肩凝りだとか、それで集中力が低下して仕事も
思うように進捗せず睡眠時間も減ってしまうとか、いろいろ連鎖して
いるのではないかという気がして、ちょっと念入りに除去して2~3日
(といっても泡スプレーのヤツを多めに使っただけ)経過を観察してた。

続きを読む "体調と進捗の相関性"

|

2015/01/15

太い輪ゴムと点灯管

20150115_dsc_0269_1s


自宅で使っていたのに破損したり消耗したりで買わないといけない品、
っていうのが結構あってケータイの買い物メモに記してあるんだけど、
いつも買い出しに行く店に置いてなかったり、たまたま置いてそうな
店に寄ったのにメモを見忘れて他の品だけ買って帰ってしまったりで、
仕方なく消耗した状態だとか代用品を我慢して使い続けていたりする。

そういうのが幾つもあるのだが、珍しく先日、一度に二件も解消した。

太い輪ゴムは砂糖を入れる容器の蓋を閉じるため。名を記すも憚らる、
件の薄くて黒い昆虫が侵入した過去があり、固縛するのに用いている。
(なお、その昆虫に関しては毒餌設置して以降、遭遇例がなくなった)
ところが半年かそこら前に劣化して千切れてしまって以来、仕方なく
細い輪ゴムを使っていたのだが弱くて切れやすいなど、不安が残った。
文具店などに立ち寄る機会も多かったのに、長らく買いそびれてた品。

電子点灯管は居間の吊り電灯のもの。あまり明るすぎると目が疲れる
ので蛍光灯2本のうち1本だけ使うのを常としていて、一方が劣化して
きたら入れ替えて長持たせてきた。年始に両方が寿命ととなったので
入れ替えたら、何故か2本のうち使わない方の1本で点灯管が故障して
点灯せず、大至急というほどではないが早めに交換しておきたかった。

これらは隣町に出た帰り、ふと思い出して量販店に立ち寄り入手した。
点灯管が念頭にあったおかげで輪ゴムも買い忘れずに済んだのだろう。

続きを読む "太い輪ゴムと点灯管"

|

2015/01/14

このクニのカタチ・ほどほどの付き合いが無難

20150114_dsc_0146_1s


しかも日本というのは外界から隔絶されがちな島国であり、言語圏も
通貨圏も閉じていて、外乱要素は他国より圧倒的に少ないから余計に、
とか思ってたのだけど最近ちょっと空気が変わってきたかもしれない。
むしろ最近では欧州周辺の行方が心配される。ネットでも、欧米出羽
の守みたいなのが一笑に付されるといった様子も珍しいコトではない。

パリの某新聞社への襲撃事件から惹き起こされた一連の動きを見てて
思ったが、陸上の国境があったり旧植民地のしがらみが残っていたり
して外乱の影響を受けやすい国には、国内に国際問題級の大きな歪み
ができてしまう場面があって、相応の混乱が生じやすいのではないか。
米国も日本に似て海に囲まれている割には外乱要素に左右されやすい、
むしろ彼らは国家が大きすぎて国内問題と国際問題が区別ついてない。

日本列島での外乱要素としては、どちらかというと自然災害が大半で、
次いで世界経済の影響、それから主要国の政治動向、といったトコロ
だと思うけど、どうも陸続きの隣国を持つ国々では順位が違ってくる
ような気がする。特に数千年に渡って争いを断続的に繰り広げてきた
だけでなく世界大戦の発火点でもある地中海周辺、今後が気懸かりだ。

続きを読む "このクニのカタチ・ほどほどの付き合いが無難"

|

2015/01/13

ニホンのキホン・ほとほと呆れて食傷気味

20150113_dsc_0147_1s


個人的な感覚として、消費者や有権者の心理というのは極めて我儘で、
まあ実際には個々の消費者や有権者の要望は幅広くなかったとしても
その志向が多様化しているせいで全体としては広範囲に及んでしまう。
特に長く繁栄や平和が続いた社会では、その傾向が強まると思ってる。

外乱要素が乏しいと商品やサービス(政治も社会サービスだ)は次第に
互いに足りない部分を補っていき似たようなものばかりとなっていき、
商品やサービスを提供する側にとって差別化が難しくなって消費者や
有権者を甘やかす、具体的には「欲望を満たすメニュー」を提供する。

続きを読む "ニホンのキホン・ほとほと呆れて食傷気味"

|

2015/01/12

人も変わる可能性が

20150112_dsc_0206_1s


大きな市街地の中では大群衆でなく小さな群れが幾つも共存している。

昭和からの人たち、平成からの人たち、自営業もいるし大企業などに
勤める人もいる、地域で生活を完結させる人たちと、都心へ通う生活
サイクルの人たちがいるし、政治思想で言えば右も左も混在していて、
最近では外国語を話す人が普通に生活してるらしい様子も珍しくない。

まあしかし巨大都市の片隅の住宅街だからか、それぞれの利害が衝突
するような場面も少なくないかと思いきや、個々のグループが別々に
固有のルールみたいなのを持つ小さな集団として存在していながらも、
ほとんど互いに接点を持たず、ただ狭い空間を分割して共存している。

続きを読む "人も変わる可能性が"

|

2015/01/11

街も変わり続けてく

20150111_dsc_0198_1s


今の生活圏は都心の西側で洪積台地に幾つもの小河川(一部は痕跡)が
浅い谷を穿った地形。だから小さな高低差はあるんだけど全体的には
平坦。そのほとんどは低層住宅が広がってるが駅前や大通り沿いには
中層住宅などが立ち並んでいて路地からの空は狭いし通りの空も狭い。

近代に入ってからも畑や雑木林が広がっていたのは明治時代の地図で
確認できる。その後に都心の狭隘化で宅地が進出してきて、大正から
昭和初期に開発が進み、先の五輪の頃には現在に近い形となった模様。
まあ平成に入ってからも中層住宅のビルが建てられてて進行形である。

続きを読む "街も変わり続けてく"

|

2015/01/10

道は伸び続けている

20150110_dsc_0179_1s


川越も、かつて入間県庁が置かれたほどだし、それなりには便利だが、
都心に出る手段は鉄道が複数路線あって選べるのだけど時間は掛かり、
たとえば、東京や品川からの始発の新幹線に乗るのは実質的に不可能、
帰りの新幹線も不安がある。今の自宅は何の心配もしなくていいのに。

沖積低地に囲まれた洪積台地の上に発達してきたから旧市街は狭くて、
特に駅に近い地域では高層住宅も多いから空の狭さも都内と大差ない。
空の広い場所を求めると、よほどの資金が必要になってしまうだろう。
または駅から遠い上に少し前まで水田だったような場所で妥協するか。

続きを読む "道は伸び続けている"

|

2015/01/09

冬の空と生活の拠点

20150109_dsc_0195_1s


南中高度が上がってきて、正午前後に部屋の南にある大木に陽射しが
遮られる現象も軽減されてきて、これもまた春めいて感じる点の一つ。

駅前まで買い出し&散歩&夕飯に出掛けたら、南の空に不思議な形で
波打っているような雲が見え隠れしていたのだけど生憎ここは市街地、
全体像を見渡せるような場所などなく写真も撮れず記憶に残すばかり。

続きを読む "冬の空と生活の拠点"

|

2015/01/08

今年最初の春の気配

20150108_dsc_0174_1s


湿り気を含んで暖かくて強めの南風を伴った前線は、一日で通過した。
ちょっとだけ春っぽい気温になって、再び乾いて冷たい風の武州の冬。

どちらにせよ春へ向かって季節が動いていくのが冬。待ってればいい。
とっくに冬至を過ぎているので日照時間は徐々に長くなってきている。

続きを読む "今年最初の春の気配"

|

2015/01/07

今年最初の自宅作業

20150107_dsc_0169_1s


ちょっとした事情から5日でなく6日に一日遅れで開始した今年の仕事。
メールに「あけましておめでとうございます」と書くのが最も多い日。

毎週月木の定例作業だけかと思いきや、さっそく新規の発注もあって
仕事始めの印象としては悪くない。おまけに年末発注していた品物が
届いたり、午後には友達からの電話もあったり、ちょっと忙しかった。

続きを読む "今年最初の自宅作業"

|

2015/01/06

今年最初の本格散歩

20150106_dsc_0188_1s


初詣の後には、全員揃っての昼食が恒例。解散して実家に戻ってから
一休みしたが、ちょっと歩き足りない気がして母と連れ立って散歩へ。

実家で一番の健脚二人、かつ暑がりの二人でもある。実家から商店街
まで出るのに15分ほどの早歩きをして、さらにデパートの屋上までの
階段を早足で上り、良い感じに汗をかいた身体を、外の風で涼ませる。
我々にとって散歩というのは、このくらいの手応えが欠かせないのだ。

続きを読む "今年最初の本格散歩"

|

2015/01/05

今年最初の実家集合

20150105_dsc_0143_1s


過去に幾らかの経緯があり実家の全員が揃って初詣に行くのは1月4日。
記憶は定かでないが恒例行事となって四半世紀くらいだったかと思う。
まあときたま各人の事情により1人2人の抜けが生じる場合もあるけど。

それより前、少なくとも30年以上は昔から、行き先は変わっていない。
混雑しなければ車で30分ほどの場所、律令時代の渡来王族に由来する
神社および寺院、たしか来年あたり1300年記念というコトだったかな。

続きを読む "今年最初の実家集合"

|

2015/01/04

今年最初の本格休日

20150104_dsc_0119_1s


越年の案件はなく、元日に電話してきた友達の一件は心配だったけど
翌日には「アメフッテジカタマル」とだけメッセージが届いてたので
ひとまず安心(?)。久々に、のんびりした正月を実家で迎えるコトに。

うーん、何年振りだろう。割と年越しの案件を抱えてた年が多かった
ような気がするし、または何らかのトラブルが舞い込んだりした気も。

続きを読む "今年最初の本格休日"

|

2015/01/03

今年最初の御用聞き

20150103_iimg_0005s


いやホント、まったくヒトの動きというのは予想しづらいものである。
ほとんど徹夜で迎えて初日を撮影して帰ってきた後に少し昼寝した後、
元旦の夕方から夜にかけて相次いで友達からの愚痴の電話とチャット。
いろいろ聞いていると自分の悩みなど些細なものにしか思えなくなる。
電話は2時間ばかり、チャットは4時間くらいだったか、長かった一日。

翌2日は起きたら昼過ぎ。遅くとも3日には実家へ行く予定としてたが
夕方近くまでダラダラして、夜には一日早く実家入りするコトにした。

続きを読む "今年最初の御用聞き"

|

2015/01/02

今年最初の振り返り

20150102_dsc_0093_1s


炬燵の中で一人、TVを観たり本を読んだりネットを眺めたりしながら、
要するに周辺状況を除けば普通の深夜で、気付けば年が変わった元旦。
まあちょっと心持ち寂しく感じる部分もあるが、こんな年もあろうよ。

さてそれで夜明けに向けて、さらに3~4時間ばかり時間を潰してから、
今年は最初の年と同じく一人になってしまったけど、何となく恒例の
行事を惰性で続ける感じで、新たに入手した古いカメラを持って出る。

30日に体調がイマイチとなった(原因不明だが鼻が酷くグズった)のと
今年は一人で行くコトになったのと、まあ昨年中に目星をつけてたし、
で今回の初日の出撮影では「歩かない」場所を目的地として選定した。

続きを読む "今年最初の振り返り"

|

2015/01/01

例年の振りをせずに

20150101_iimg_0004s


今回の年末年始には、ここ毎年の恒例の用事の幾つかが、行われない。

まあ恒例行事の中でも、たとえば初日の出撮影など最初は一人だった、
年越し飲み会がない頃は一人の夜だったりした、またそこに戻るだけ。

振り出しに戻るというか初心に戻るというかリセットされるというか、
相手のいるコトではあるし集団の惰性で続いていた面もあると思うが、
どう捉えるかなんて、幾らでも勝手に決めつけて遊べるネタではある。

続きを読む "例年の振りをせずに"

|

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »