« ときたま鼻の具合が | トップページ | ときたま日付が飛ぶ »

2015/01/28

ときたま直感で推理

20150128_iimg_0077sqs


余談だけど、鼻腔上皮は外胚葉性なのだそうだ。たぶんそうだろうと
以前から思っていたコトだったが、鼻炎ついでに改めて調べてみたら
発生の過程で、外胚葉から内胚葉側へ落ち込むように形成されるとか。

これは全くの直感からスタートした推論。そこから脳内の知識を繋ぎ
合わせつつ、「だいたいこんな感じだろう」と流れを考えてみたのだ。
鼻腔には毛が生えているが、このケラチン質の繊維は内胚葉性の内臓
などにはない、コレを作るのは外胚葉だけではないかと仮説を立てた。

--
探せば回答を得られるような情報の場合、「とりあえず検索」という
のが安易すぎる気がして、その前にまず考えてみるコトも少なくない。

自分自身にとって未知なる状態とは「未だ知る前」にしか存在しない。

|

« ときたま鼻の具合が | トップページ | ときたま日付が飛ぶ »