« 冬の空と生活の拠点 | トップページ | 街も変わり続けてく »

2015/01/10

道は伸び続けている

20150110_dsc_0179_1s


川越も、かつて入間県庁が置かれたほどだし、それなりには便利だが、
都心に出る手段は鉄道が複数路線あって選べるのだけど時間は掛かり、
たとえば、東京や品川からの始発の新幹線に乗るのは実質的に不可能、
帰りの新幹線も不安がある。今の自宅は何の心配もしなくていいのに。

沖積低地に囲まれた洪積台地の上に発達してきたから旧市街は狭くて、
特に駅に近い地域では高層住宅も多いから空の狭さも都内と大差ない。
空の広い場所を求めると、よほどの資金が必要になってしまうだろう。
または駅から遠い上に少し前まで水田だったような場所で妥協するか。

--
カメラ仲間の一人が年賀状で伊勢崎に職を得て現地で生活を始めたと
知らせてきた。そういうコトなのだ。仕事を得れば、そこで暮らせる。

遠からず遊びに行こう。日帰りでは微妙な距離だけど、時間を作って。

|

« 冬の空と生活の拠点 | トップページ | 街も変わり続けてく »