« 一方では改善が進む? | トップページ | 咲いた咲いた気分も »

2015/03/23

「適度」への改善を

20150323_dsc_0357_1s


自信というのは、まあ割と直近の経験に対する認識に基づいた感覚で、
とりわけ回復期に於いては(いったん下がったせいで戻しにくくなり)
過小気味となる傾向が強いものだから、アタマで補正すると良いのだ。

感覚そのまま無自覚に従うのはヒト以外の動物そのもののようなもの。
といって感覚を全否定するなんてのも行き過ぎで、むしろ無駄が多い。
周辺状況を考慮して感覚を補正し、それに基づいて行動するくらいの
姿勢でいるのが、おおよそヒトの持つ機能を使いこなす知恵だと思う。

--
ただまあ現状まだ想定通りというほどには仕事をこなせていないので、
自信を持つといっても「ほどほどに」というトコロでしかないのだが、
過小でも過大でも弊害があるのだ、「適度に」でないと困るのである。

|

« 一方では改善が進む? | トップページ | 咲いた咲いた気分も »