« 異なった半面を持つ | トップページ | 呼び水というヤツを »

2015.04.16

時間の経過で変わる

20150416_dsc_0421_1ds


自分がどういう人物かなんて分かってるつもりで分かっていないもの。
他者と一緒では分からず、一人で過ごしていてこそ気付く部分もある。
一人では気付かず、他者と一緒に過ごす場面でこそ気付く部分もある。

せいぜい語れるコトは、過去に何をどうしてきたかとか、実績だとか。
つまり、「やらなきゃ語れない」。だから最近は「語るハナシがない」。
その意味では若干の危機感がないでもない。いやちょっと気懸かりか。

--
まあそれでも長く続いて固定化するようなコトがなければ、構うまい。

詰まっていた案件を一つ、ようやく半徹で片付けた。まだ他も残って
いるし少し頭痛気味だったりするけど、それなりに開放感が得られた。
ちょっと休んだら午後の「いつもの」作業、それから次の案件をやる。

ずっと停滞したままでいるワケでもないのだ、気楽にやればいいのさ。
気に掛かってしまえば、むしろそれが停滞を長引かせる原因にもなる。

|

« 異なった半面を持つ | トップページ | 呼び水というヤツを »