« シャキッとサラサラ | トップページ | 理科と社会のお勉強? »

2015.04.30

歴史と地質の時間軸

20150430_iimg_0217ts


その大木は、埼玉県内で最大といわれる推定樹齢千年以上のクスノキ。

まあそのくらいの時代なら、このあたりは人々が普通に生活していて、
樟脳の材料などとして人為的に植えられたものである、かもしれない。

ちなみに、ちょっと北へ行けばシャガの群生で知られる山寺があるが、
このシャガは、どうも仏教に伴う形で日本へもたらされたものらしい。

今はただ、どちらも自生していたかのように、人々は眺めているけど。

--
ちなみに目星をつけてたルートとは、新たに政府が評価したかという
「活断層」。しかし地形図や空撮図を見てみても、「それっぽい線を
引くコトができるだろう、お前がそう思うならな」というくらい曖昧。

さぞかし古い地震痕跡でも見つかったのかと疑問に思い評価資料など
軽く調べてみた範囲では、過去の断層活動について不明確、前回いつ
動いたかも分かってない模様(つまり割と観察者の感覚に依る評価?)。

まあそんなワケで実際に車を走らせながら観察してみようとなったが、
さすがに古いだけあって崩落や浸食が進んでいて見ても分かりにくい。
これだけ古いとなると、万単位の年月が経過しているとしか思えない。

もちろん何万年というのは地殻の動きで言えば短い時間、しかし人類
の歴史より長い時間、だから頼れる証拠は限られ微妙に見極めが困難。
そういうトコロに観察者の思い込みが紛れ込んではいないだろうかね。

|

« シャキッとサラサラ | トップページ | 理科と社会のお勉強? »