« もと渓谷、今は水路 | トップページ | 滝の川の流路の考察 »

2015.05.11

斜めの板に水を流す

20150511_iimg_0248s


普段以上に説明を端折った感じになっているのは歩きながら同行者と
語らっていた部分を半ば無自覚に省いて書いていたせいかもしれない。
一人で歩いて考えたコトなら、もう少し詳しく説明してたように思う。
まあ端折った大半は過去にも書いてきたような内容だし別に良かろう。

逆に、一人でなく相手がいたからこそ、喋りながら歩くコトができた。

--
相手がいれば、その相手に理解してもらえそうなハナシをするのが癖。
そのせいだろうか多数を相手に喋るような場面はイマイチ得意でない。
完全に不特定多数となれば自分自身の中にいる一般人イメージが相手。
ちなみに、このブログの場合には親しい人たちの平均に近いイメージ。

そういえばブログの内容が理屈っぽすぎると今回の同行者に言われた。
大概は抽象的あるいは比喩的なイメージで直感的に脳裏に描いたのを
言葉として書き連ねているコトがほとんどなのであるが、文章化する
際に筋道立てていくため思考も論理的であるかのように見えるらしい。

|

« もと渓谷、今は水路 | トップページ | 滝の川の流路の考察 »