« 人の心に浸透する根 | トップページ | 本人の心に相談する »

2015/05/18

暗箱に針穴(59) 水平は何処

20150518_epsn9018_1s


直近3日間に1時間は歩く、という日常の目標を、今のトコロどうにか
維持しており、ときたまついでにカメラを持参して撮り歩いたりする。

故障と不調を抱えたままのレンジファインダー、露出計の表示が一部
出てこないのは、どうせあんまり見てないので大した問題ではないが、
プリズムが斜めにズレているせいでピントを合わせるのが難しかった。

まあしかし、半ば強引にでも使っていけば、それとなしに対策方法を
思い付いたりするようだ。20年ほど前、シンクロ不調で一部のギアが
入りにくい車に乗っていてダブルクラッチを身に付けたのを思い出す。

距離計の移動に直行する縦ズレ成分は合焦対象を選べば何とかなるが、
問題は距離計と同一方向の横ズレ成分、その分を打ち消す程度の斜め
に合焦対象を持ってくるように構えてやったら、これが上手く行った。

このときファインダー枠の切れ目が目安として使えるコトも把握した。

--
そんなワケで合焦対象に対し毎度毎度カメラを斜めに構えてピントを
合わせるようにしてたら、いつもの癖が余計に過剰に出てくる羽目に。

本来なら斜めの線を画面内の垂直か水平に取り入れて平衡感覚が狂い
そうな構図を、普段に増して大量生産していたのを、帰宅して気付く。

まあ折角だし、この癖のようなのを発展させてやるといいかもしれん。

|

« 人の心に浸透する根 | トップページ | 本人の心に相談する »