« 歴史と地質の時間軸 | トップページ | 未知なるこそ原動力 »

2015/05/01

理科と社会のお勉強?

20150501_img_20150419_161007s


無数の情報の中から断片を取捨選択して繋ぎ合わせていけば恣意的な
結果を得るコトも難しくないのがヨノナカの常というものであるから、
昨日の推測というのも予断が深く入り込んでいる可能性は否定できぬ。

ひょっとしたら今後の調査で明瞭な証拠が発見されたり、新たな技術
にょって計測精度が向上するなどの可能性はあるが、少なくとも現状
得られる情報からは曖昧な推測しかできないので、致し方のないコト。

--
そもそもヨノナカというのは完璧な正解なんて存在するものでなくて、
現実認識ですら期待に適う確度で得られないものだから、その認識に
基づいて行動する段階に於ける「正しさ」たるや言わずもがなである。

でもまあ「だいたいこんな感じだよな」的な落とし処ってあると思う。
というか「だいたいこんな感じ」の集合体で流れているのがヨノナカ。
それがちょっとブレたりしてるトコロに引っ掛かってるのだ、たぶん。

|

« 歴史と地質の時間軸 | トップページ | 未知なるこそ原動力 »