« 察するけど少し遅い | トップページ | 何とかするけど遅い »

2015.06.25

気付いたときは遅い

20150625_img_20150515_154758s


電話といえば先日、両手両足の爪を切っているときに友達から電話が
あり、ヘッドセットを着けて喋りながら爪切りを続けてたときのこと。

喋りながら切っていて注意力が低下した、というワケではないのだが、
足の親指の爪と一緒に癒着しかけた表皮組織を剥がしたら切れて出血。
もともと巻爪気味で端が割と深く食い込んでるから、たまにあるコト
なのだけど、今回のは割と長く出血が続いて1~2日くらい絆創膏した。

こういうのが、毎度ではないにせよ、何度かに一度はあって少し面倒。
靴下などが血で汚れてしまうのは困るからな(痛みの方には慣れてる)。

--
深爪気味の切り方を何年も続けていると巻爪になりやすいとは聞いた。
といっても、とっくに深々と食い込むようになってから知ったハナシ。

その食い込んだ端の部分を切るとき、爪切りの刃が入りきれないので
最後は手で引きちぎるようにしているのも、たぶん良くないとは思う。
上手く行くときは癒着し肥厚した皮膚ごと剥がせて心地好いのだけど、
皮膚組織の繊維方向に深く引き剥がす形になると真皮まで切れて出血。

爪の食い込みや癒着の具合に依るのだと思うけど引き抜いてみないと
どうなるか分からないし、どうせ途中で止めるのは無理なので諦める。

|

« 察するけど少し遅い | トップページ | 何とかするけど遅い »