« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015/07/31

察すれども触れずに

20150731_iimg_0272s


人間が思考プロセスの似た者に同調したり好き嫌いの傾向により好悪
を持つといったのは、その前提として相手の思考プロセスや好き嫌い
の傾向を何となく察する能力があるからこそ、そうなるワケであって。

察した内容に基づいて如何なる判断を下して、どのように行動するか、
といった面の方が察するコトそのものより重要なのではないかと思う。

無意識に察した結果が無自覚に行動として出てしまうものだからして。

続きを読む "察すれども触れずに"

|

2015/07/30

部分的に切り取ると

20150730_img_20150715_224808s


脳内にしか存在しない「あるべき姿」ばかり気にしていては、目の前
にある現実の認識・対処が疎かになってしまう、とは再三語ってきた。

もちろん思い描く「あるべき姿」の実現に向けた努力そのものは大切
だけどソレが現実に立脚しないものでは無駄骨、下手すりゃ単なる害。

続きを読む "部分的に切り取ると"

|

2015/07/29

何の顔を立てるのか

20150729_dscf9980_1sqs


考えてみれば、祭礼の場で特定の政党とか政治家とかを槍玉に挙げた
掲示物みたいなのを敢えて出す輩だと「ハレの場で政治の話はするな」
とか言われたら余計に反発してエスカレートしかねないとも思ったり。
でもそればかりでは課題解決の道筋には繋がらない、とも思うのだな。

小学生の頃の記憶は今や曖昧になっているけど、何かのときに校長が
「小さな勇気を持て」と語ってたコトは、何故か妙に今も覚えている。
「大きな問題に立ち向かう大きな勇気も大切だが、日常の小さな問題
を蔑ろにせず解決していこうとする小さな勇気も大切」といった内容。

よく国政で、内政問題から目を逸らさせるため外交問題を槍玉にする、
みたいなコトがあるけど、個人レベルでも身近な課題に取り組まない
言い訳として社会問題を云々してしまうコトがあって、そんな自身の
姿勢を自覚し改めていくのは、人間として重要なのではないかと思う。

続きを読む "何の顔を立てるのか"

|

2015/07/28

日常に戻される問題

20150728_img_20150727_142048s


最寄駅周辺の商店街を歩いたら七夕(旧暦)祭りの準備が始まっていた。
土日には実家周辺でも夏祭りだった(ただしその時間帯を避けて通行)。
街中では昼間から児童生徒の姿も多い。夏休み&夏祭りシーズンだな。

こういう祭りの場では、ときたま特定の政党とか政治家とかを槍玉に
挙げた掲示物みたいなのがあって、最近だと主にソーシャル()方面で
問題視する発言が相次いだり主催者側にクレームする者がいたりする。

その気持ちは分からないでもない。個人的にも嫌な気分にさせられる。
どちらの方向へ向けられたものであろうと他人の嫌悪感を見るのが嫌。
そういう感覚を見知らぬ誰かに与えるような行為も厭わぬ姿勢が苦手。

続きを読む "日常に戻される問題"

|

2015/07/27

休んだら日常に戻る

20150727_img_20150628_164341s


日曜に実家で休息した結果、どうやら気力体力を回復できたかと思う。
いつもは実家に行くとドライブしたりするのだが今回は本当に休息日、
夜はゆっくり寝ていたし、日中も専らゴロゴロダラダラ過ごしてきた。
少なくとも頭痛は解消した模様。まあそんなワケで新しい週へ突入だ。

続きを読む "休んだら日常に戻る"

|

2015/07/26

この夏一杯休み休み

20150726_img_20150724_124855s


土曜は遅れていた作業を終えたら実家へ向かうつもりで暑い部屋の中、
何とか頑張ってみたがやはり相当な時間を要してしまい終わったら夜。

夜といっても日没から間もない19時20時台では未だ気温30℃近い暑さ、
自室で扇風機で汗を飛ばして体温を下げる日々に慣れてしまった身体
は服を着て外へ出ても変わらぬ勢いで汗を出すので、服に染みて困る。

あと発汗は地味ながら着実に体力を消耗するものでバス停まで数分の
徒歩でさえ相当な疲労感を伴った。これはもうどうみてもバテている。

続きを読む "この夏一杯休み休み"

|

2015/07/25

晴れた日も休み休み

20150725_img_20150628_145557s


たいがい夏場は暑さに応じて活動レベルを抑えるようにしているけど、
仕事の連絡も億劫になるようでは疲れが出ていると言わざるを得ない。
金曜も頭痛が残ってて、身体を動かせば緩和されるのでアポイントは
問題なかったのだが、その後にいろいろあって夜また痛くなってきた。

アポ先から用事先への移動では電車の運転見合わせに遭遇したりして
余計にくたびれて、いったん近くの取引先事務所にお邪魔して涼んだ。
けど次に用事で暑い中を歩き回って、運転見合わせの影響が残ってて
酷い混雑の電車で自宅最寄り駅まで揺られて次第にクラクラしてきた。

おまけに途中から車窓に大粒の雨が当たるようになり下車する頃には
見事なゲリラ豪雨、しかしクラクラしていた原因は水分とエネルギー
不足によるもので早く何らかの食料を口にしなければならないと判断、
バスロータリーを突っ切ってバーガー屋へ飛び込んでようやく人心地。

雨宿り客が多いかと思ったが急な土砂降りで間に合わなかったらしく
ガラガラで(他の客は小降りになってから急に増えた)、とても冷房が
効いてて満腹と相俟って眠気が襲ってきて、もしかしたら頭痛の原因
って睡眠不足だったんでないかとか思いつつ、まあ頑張って作業した。

続きを読む "晴れた日も休み休み"

|

2015/07/24

小雨模様で一回休み

20150724_iimg_0324s


未明からの雨のおかげで少し涼しくなって快眠できると思ったのだが
何故か寝付きが悪く小一時間はゴロゴロしたままで微妙に寝不足の朝、
目覚時計を止めてからも起き出すまで二度寝三度寝してしまった上に
何か寝覚めもイマイチで微妙な頭痛を抱えたまま一日を過ごす羽目に。

金曜に納期を迎える案件があり同日午前のアポイント後に少し用事を
済ませたいから前日には終えたかったのだけど、ちょっと無理だった。

続きを読む "小雨模様で一回休み"

|

2015/07/23

山と谷に道を通せば

20150723_epsn9050_1s


自宅の最寄りのJRの駅は高架線、隣駅との間には旧河道の谷間がある
けど真っ直ぐ平坦に線路は走る、下を歩けば高低差がハッキリ見える。

このあたりの連続立体交差化工事が行われたのは何十年も前だったと
思うけど、その前には谷間の斜面を上り下りしたか、盛土していたか。

続きを読む "山と谷に道を通せば"

|

2015/07/22

そこに山と谷を作る

20150722_epsn9029_1tts


猛暑の中、日曜から断続的に仕事していて、火曜の午後ようやく一つ、
大きめの案件が片付いた(後で連絡があり一部手直しが必要っぽいが)。
その後いつもの作業を急いで片付けて、ちょっと疲れが出てきて横に。

今年の夏は、梅雨明け以降ほぼ仕事のペースを維持できているようだ。
暑い日々が途切れるのが早いか、暑さに負けて体調を崩すのが早いか。
あー、あと「暑さに慣れて気にならなくなる」っていうのもあるかも。

続きを読む "そこに山と谷を作る"

|

2015/07/21

烏の合唱の目覚時計

20150721_dscf9396_1s


低気圧の影響下よりも高気圧の影響下での熱帯夜の方が、風が弱くて
寝苦しいのかなと思いながら扇風機の風を身体に当てて眠ったのだが
それでも涼しさは微塵も感じられぬまま気付けば日が昇りカラスの声。

開け放った窓の外、自宅アパートの南にある古い平屋の戸建の庭木は
区が保存樹木に指定する程度の大木で、月日が低めの時季には隠れる
くらいの位置にあるのだが、その高さゆえ毎年のように烏が巣を作る。

で業者が来ては巣の撤去をしているのだけど少し出動が遅いのだろう、
昨年も今年も、巣立った若い烏が親に甘えて餌をねだる声が騒々しい。
あまりに近くで五月蝿いものだから睨んでるウチに様子が見えてきた。
不定期なようだが日に何度かは、特有の声を発するのでそれと分かる。

続きを読む "烏の合唱の目覚時計"

|

2015/07/20

蝉の合唱の中の仕事

20150720_img17162_1ts


金曜は朝まで仕事して小一時間ばかり仮眠して朝イチのアポイントで、
それから途中で昼食を取って、午後には知人事務所の手伝いに入った。
さすがに疲れたので36時間くらいの休息を決定してダラダラして寝て
土曜日は起きたら昼下がりで、洗濯物だけ干して、友達からの電話を
受けて夕方まで喋って、あとはテレビなど見つつ、ほぼ何もせず終了。

日曜、起き出してニュースを見たら関東甲信越地方梅雨明けとかいう。
猛暑の予報に蒸し暑さが加わって厳しいので喫茶店まで出て作業する。
そういえば金曜未明くらいから蝉の声が聞こえるようになってきてた。
街を歩けばソワソワと浮き足立った夏休みっぽい様子の児童や生徒も。
おまけに商店街の七夕祭りが近付いて恒例のハリボテ制作が始まるし。

続きを読む "蝉の合唱の中の仕事"

|

2015/07/19

蛙の合唱の不協和音

20150719_dscf9325_1s


まあ総じて今の社会は動きが激しくて、納得できない人を納得させる
までの時間がなくなっている、というのはある。どこの国でも同様に。

すっかり国際化した経済に結びつけられつつも国家間さらには宗教や
イデオロギーやヘイトの利害が複雑に絡み合って情勢は先が読めない。
そういう中で誰も彼もが納得するまで案を練ってから遂行するのでは、
適切な策は立てられるかもしれんが遅きに失してしまう可能性も高い。

続きを読む "蛙の合唱の不協和音"

|

2015/07/18

たまには時事ネタ(107.5) 半可通による中間評価(後編)たぶん要するに大人気ない

20150718_img_20150618_163807s


「ありとあらゆる手段を使って法案を通す」だけでは義務を果たせぬ
のが与党側。その強硬な姿勢は野党側に刺激された面もあるとは思う
けど、そもそも幾つかの失態を見せたことが多方面の不信感を強めた。

失態の原因は、まあ脇が甘かった、準備が不足していたなどであろう。
国際情勢が大きく変化し、自国の安全保障に大きな支障が出かねない、
という切迫感があるからこそ今国会での成立を図っているのだと思う、
だから各方面で準備をしていたけど、一部では拙速に陥ってたのでは。

あと何だか妙なくらい首相周辺を嫌悪していて隠そうともせぬ姿勢が
大手から地方までマスメディアにも結構みられるけど、そういうのに
喧嘩腰とも取られかねない対応を頻繁にやっていたのも好ましくない。

嫌悪とか憎悪を向けてくる相手に対し、いささか稚拙な対応だと思う。

続きを読む "たまには時事ネタ(107.5) 半可通による中間評価(後編)たぶん要するに大人気ない"

|

2015/07/17

たまには時事ネタ(107) 半可通による中間評価(前編)判官贔屓したくてもできない

20150717_img_20150507_142348s


「ありとあらゆる手段を全て使って反対の意を表明する」ような作戦、
それは果たして望まぬ法案に臨んだときの最善の手法であるかどうか。

「民主主義とは多数決のことではない」との主張も数多く目にするが、
とはいえ真っ向対立で落とし処さえ作れないならば多数決も止むなし、
というのが議会の仕組みになっているのも事実、それもルールの一つ。
当然ながら絶対反対シュプレヒコールばかりでは受け流されるばかり。

相手は相手で何らかの切迫感があるからこそ数に頼って強行してでも
議決を目指しているのだから、否決以外の選択肢を拒否する姿勢では
オールオアナッシング、負ければ賭け金が全て失われかねないものだ。

いやまあ否決以外の選択肢を許さぬ支持者には顔向けできるかもだが、
それ以外の人たち、たとえば無難な落とし処を期待する人々にとって
みれば「やっぱり支持できない」と思われてしまうのではないかなあ。
きっと与野党どちらも支持できぬ政治不信な人々が増えるだけだろう。

投票率ばかりが低下し続ける中で与野党比率が大きく変わらないまま、
同様に激しく抵抗しては玉砕を繰り返すばかりなら非常に残念である。

続きを読む "たまには時事ネタ(107) 半可通による中間評価(前編)判官贔屓したくてもできない"

|

2015/07/16

真夏の夕の仕事の後

20150716_epsn9042_1s


というか、集中力は長続きしないものだ。ただし少しは溜めておける。
たとえるなら充電池のようなものか、自宅でボーッとしてる間に充電
されたのを、涼しい喫茶店などで放電させて消費する、という感じで。

連続する猛暑日を自宅で凌ぎきったので、その褒美も兼ねて喫茶店へ、
納期の迫ってきた案件があって、深夜に少しずつ進めてきていたのを
一気に仕上げてやろうと、昼過ぎに洗濯物を取り込んでから出掛けた。

続きを読む "真夏の夕の仕事の後"

|

2015/07/15

真夏の昼の夢の後先

20150715_epsn9047_1s


昼寝のとき見る夢が夜中の夢ほど支離滅裂でないような気がするのは、
睡眠時間が短くて覚醒状態に近いのでそういう風になるのだと思うが、
その割には覚醒後の記憶に昼間の夢が残りにくいのは何故なんだろう。

続きを読む "真夏の昼の夢の後先"

|

2015/07/14

たまたまそんな体質

20150714_epsn9045_1s


最高気温の高い日が続いて、次第に最低気温も下がらなくなっていく、
そして水道水も最低気温が高まるにつれてヌルくなっていく、夏だな。

ところが自宅アパートの冷房は数年前から調子が悪いままで使えない。

もともと暑いのは苦手なので、暑さに身体を慣らしていくのが、毎年
この時季の課題。慣れてくるまで喫茶店に避暑して作業する日も多い。
あと、暑さに負けないよう食事も、他の季節より贅沢というか、まあ
節約の程を抑えている。当然、そのおかげで結構カネもかかるワケで。
(といっても冷房つけっ放しの電気代に比べれば安いかなとは思うが)

続きを読む "たまたまそんな体質"

|

2015/07/13

たまたまそんな性格

20150713_epsn9049_1s


金曜夜の夕食にと誘ってきたのは仕事で都心に通ってた年上の女友達。
少し憂さ晴らししたいとのコトだったので誘われついでに浅草寺まで、
丁度ほおずき市の日に当たっていたので久々の雑踏も良かろうと出た。

人間が人間に関われば、全く軋轢を生じないなんてコトはないワケで、
しかも家族とか仕事とかの各方面が微妙に影響し合ったりするコトも、
影響してなくても各方面のトラブルが重なってしまう場合だってある。

こちらはこちらで問題だらけの生活をしているけど、友達の方もまあ
幾つかの問題が重なったりして大変だという、それゆえの憂さ晴らし。
で浅草寺の近所の居酒屋に入って、終電ギリギリまで話し込んでいた。

こういうとき、誘ってもらえれば可能な範囲で付き合うようにします。
(仕事に追われていたり予算がなかったりする場合も、ままあるけど)
そもそも普段は一人きりで生活してるから、喋る相手は歓迎なのです。

続きを読む "たまたまそんな性格"

|

2015/07/12

たまたまそんな格好

20150712_img_20150710_192114s


さて、ここ数日の間に遅れていた案件は何とか片付いて、残る案件は
日程に少し余裕のあるヤツだけ、といった状況でデイリー作業のない
金曜を迎え、請求の方も先月末〆に追加で出せる分があると判明して
どうにか7~8月末の入金も(危機的水準ギリギリの)目処が見えてきた。

帳簿作業を面倒がって案件を先に進めてしまおうとも考えてたりする。
まあ仕事が済めばまとまった時間もできて帳簿をつける気にもなろう。

ともあれ一息ついたような感覚で、ここ1~2日ほど休息しようと決定。

続きを読む "たまたまそんな格好"

|

2015/07/11

たまには時事ネタ(106) 斬新の真逆のプロセスにて

20150711_iimg_0155ts


都心の狭い敷地に多機能かつ「斬新なデザイン」と、ありとあらゆる
要素を詰め込んで積み上げた挙句に遙か高くなった競技場の失敗事例。

きっと赤字を垂れ流して終わるのだろうけど、スケジュールからみて
もはや後戻りもできず大きな修正もできず、諦めて払うしかない費用。

(個人的に好きになれないデザインなので今回かなり厳しく言います)

続きを読む "たまには時事ネタ(106) 斬新の真逆のプロセスにて"

|

2015/07/10

たまには時事ネタ(105) 脅威となるのは誰でもない

20150710_dscf9975_1s


まあ戦争は繰り返しませんとか何とかキレイゴトを幾ら言ってたって、
その大きな要因となる経済問題を何ともできない以上ヒトの世界には
常に紛争のタネがバラ撒かれた状態のまま改善される気配もないのだ。

かなり厳しい情勢になってきているのが欧州の一部国家での金融不安、
不可避となれば急成長を遂げてきた各国へ波及していく可能性がある。

一つひとつなら大した被害にならない程度の不安材料かもしれないが、
それらが次々に連鎖してドミノ倒しのようになっていけば止まらない。
今や全世界の証券市場はカネの流れで繋がった一つの海のようなもの。

そういう形で世界的に金融危機が生じたケースは過去に何度もあった。
だのに人々は、特にヒト集団となると、どこか歯止めが利かなくなり
破綻するまで突っ走ってしまったりするチキンレースを繰り返してる。

誰かがそうすれば、他も追随しないと負けてしまう、っていう感覚が
全員のブレーキを控えさせる集団暴走の原理は、集団間でも発生する。

続きを読む "たまには時事ネタ(105) 脅威となるのは誰でもない"

|

2015/07/09

たまには時事ネタ(104) ツギハギだらけの紆余曲折

20150709_img_20150702_172456ts


といっても割れたって繋ぎ直せば体裁は取り繕える。人間の気分など
そのときどきでコロコロ変わって数分前とは矛盾するコトを考えてる
場合だってあるくらいなのだから、その程度でも充分と言えるだろう。

個人でさえそんなものだ、集団となれば混沌を極めるのも致し方ない。

続きを読む "たまには時事ネタ(104) ツギハギだらけの紆余曲折"

|

2015/07/08

主な気分は環境由来

20150708_img_20150628_164529s


ほとんど雨も降らぬ日が1カ月ほど続いた後に、1カ月あまりの梅雨空。
まあそれとは直接関係ないんだけど、今月に入って気分的にも雨模様。
今月は資金状況が非常に厳しいのだが来月には更に厳しくなる可能性
が強まってきて、再来月もまた不透明だが弱含みの観測となっている。

仕事がカネになるには通常でも2~3カ月後、加えて先方の状況次第で
1~2カ月のズレがあり、もう全くアテにならんから困ったものである。
今回は、先々月あたりからの案件が悉く後ろにズレ込みそうな気配で、
一つずつ状況が見えてくるたびに、どんどん暗い気持ちになってくる。

ある程度の蓄えがあれば収入の谷間も乗り越えられるかもしれないが、
そんなもん前に大きく落ち込んだとき飛んでしまい大穴が空いたまま。
以降どうにか穴埋めしていこうと悪戦苦闘の数年間、とはいえ稼ぎも
大して回復できず3歩進んで2.5歩退がる的な状況を延々と繰り返し中。

続きを読む "主な気分は環境由来"

|

2015/07/07

元気あるのかどうか

20150707_img_20150628_151828s


起床アラームの2つほどを1時間早めると二度寝が消える不思議な現象。
(まあきっとたまたま睡眠サイクルに合致するかどうかの違いだけど)

深夜から未明にかけて作業をして、眠気が襲ってきたら就寝する毎日。
その時刻は何故か毎日だいたい同じ、その意味で割と規則正しい生活。

続きを読む "元気あるのかどうか"

|

2015/07/06

休眠して元気になる

20150706_img_20150704_133340s


そして日曜日、起き出したのは昼下がりだった。起床アラームは止め
てあり、居間の灯かりが点いていたので、二度寝したのは間違いない。

考えてみれば最近あまり熟睡できてない気がしていたので、たまには
長時間かけて眠っておくのも悪くない。頭もスッキリした気がするし。

続きを読む "休眠して元気になる"

|

2015/07/05

まあ元気にしてます

20150705_img_20150628_175328s


結局、床屋へ行けたのは土曜になってからであった。通例より一週間
遅れており、その分だけ伸びていたもんだから頭は一気に軽くなった。

えーと、たぶんこれで少しは仕事も捗るはず、いやそうなってほしい。
優先順位の高い業務が幾つもあったせいで押され延び延びになってた
案件を、そろそろいいかげん片付けないといけないのだ、この週末で。

続きを読む "まあ元気にしてます"

|

2015/07/04

再び元気になるはず

20150704_epsn9030_1s


だからリフレッシュとか休息などは、そんな連中から逃避する意味も。
というか潤沢な支払が期待できるならモチベーションも違うのだけど、
それがないし改善する目処も現状なくて、仕事に対し前向きになれぬ
自分を慰めるような感じで、リフレッシュとか休息などが必要になる。

先週末には実家から、川越を散策したいという友人を案内して回った。
某公共放送の有名番組で紹介された翌日に、観光名所の一角で火災が
あって何軒か焼けてしまうなどいろいろあったが、ともあれ近年では
すっかり東京都心から日帰り圏の観光地として定着している街である。

火災の影響範囲は限定的とはいえ、やはり普段より人出が少ない印象。
急いで作ったのであろう、「元気に営業しています」という張り紙を
各所で見掛けたが、災害現場として報道されてしまった後の観光地は
こんな感じに客足が遠退いてしまう、そんな現実を目の当たりにした。

それでも火山活動が続く温泉地などとは違って一過性の火災だけだし、
焼けた店は解体が始まっており、遠からず再建されるものと期待する。

続きを読む "再び元気になるはず"

|

2015/07/03

ギリギリを狙われる

20150703_epsn9032_1s


よく思うけど景気の原理はシンプルだ。とりわけ主にマインドの面で。

個人の収入が上向くようになるには会社がカネを払わないといけない、
企業の方でもスケールこそ違うが同じように「次が入るかどうか」で
支払を渋ったり気前良くなったりするけど、十年二十年も渋い状況が
続いたせいで支払を渋るのが当然となってしまって好景気へ突入した
ときに出遅れる。その企業に資金を提供する金融機関や資本家たちも
似たような動向、まあ病み上がりのようなものだから段階的に調整を
して慣らしていかないといけないのだろうとは思うが、長くは感じる。

続きを読む "ギリギリを狙われる"

|

2015/07/02

ギリギリは狙わない

20150702_img_20150628_135618s


ヨノナカときたま「貰えるモノは全て貰っておかないと気が済まない」
的な思考の持ち主がいて、ちょっとした金品を獲得するためにむしろ
余計な時間を費やしたり過大な努力をしていたりするように、思える。

そういう人は、「敢えて取らない」という選択肢を取れないのだろう。
「やらずに後悔するより、やって後悔した方がマシ」という考えかな。

でも敢えて取らないというのはゼロではない、費やされていた時間や
労力を得るコトになる。得ようとする対象が、それに見合うかどうか。
敢えて何かをせず休息やリフレッシュをするのだって、「休める状況
ならきっちり休んでおく」という方向に考えるコトもできるはずだし。

続きを読む "ギリギリは狙わない"

|

2015/07/01

いやギリギリ駄目か?

20150701_img_20150503_165851s


デスクワーク待ちの案件が重なってるトコロへ飛び飛びのアポイント、
加えて月末月初の支払と手続、頼まれ事も加わり気の抜けない一週間。

床屋は月末に行くのが通例となっていたが、今回は諦めて月初にする。
週前半は無理、金曜あたりになれば、何とか時間を作って行けるかな。
それまでは(長くなってしまった髪を我慢しながら)仕事に集中しよう。

こうやって先送りにしたままのタスクは他に幾つもあって、ときたま
危機的状況になるまで忘れているのがあったりするから気が抜けない。

まあギリギリなのです、アッチもコッチもソッチもドッチも何もかも。

続きを読む "いやギリギリ駄目か?"

|

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »