« たまには時事ネタ(107) 半可通による中間評価(前編)判官贔屓したくてもできない | トップページ | 蛙の合唱の不協和音 »

2015.07.18

たまには時事ネタ(107.5) 半可通による中間評価(後編)たぶん要するに大人気ない

20150718_img_20150618_163807s


「ありとあらゆる手段を使って法案を通す」だけでは義務を果たせぬ
のが与党側。その強硬な姿勢は野党側に刺激された面もあるとは思う
けど、そもそも幾つかの失態を見せたことが多方面の不信感を強めた。

失態の原因は、まあ脇が甘かった、準備が不足していたなどであろう。
国際情勢が大きく変化し、自国の安全保障に大きな支障が出かねない、
という切迫感があるからこそ今国会での成立を図っているのだと思う、
だから各方面で準備をしていたけど、一部では拙速に陥ってたのでは。

あと何だか妙なくらい首相周辺を嫌悪していて隠そうともせぬ姿勢が
大手から地方までマスメディアにも結構みられるけど、そういうのに
喧嘩腰とも取られかねない対応を頻繁にやっていたのも好ましくない。

嫌悪とか憎悪を向けてくる相手に対し、いささか稚拙な対応だと思う。

--
焦りか驕りか、信頼を得るための手段を尽くしたとは言えない状況だ。
方向性を異にする相手に対し謙虚に耳を傾け、その不安を払拭すべく
訴え続ける姿勢とか、相手の論理構成に沿って自説を再展開して理解
してもらえるよう臨機応変の説明を行うとか、は足りてないと思える。

道理を尽くして説明しても理解しようとしない相手は必ず出てくるが、
その中には、たとえば情に訴えれば響くような人たちも含まれていて、
様々な工夫によって耳を傾けてくれるようになる可能性もあると思う。

さすがにそれは相当な努力が必要な上に(成立を狙える中では)効果が
限られることから選択しなかったのか、あるいはノウハウ不足で思い
至らなかったのかは分からないが、いずれにせよ残念に思えてならぬ。

まあ蛇蝎の如く忌み嫌われているのを覆すには何十年いや何百年でも
足りないコトがある、なんてのは一部の国や民族が示してくれてるが、
それでも対話しようと努力し続ける姿を、もっと見せた方が良かろう。

|

« たまには時事ネタ(107) 半可通による中間評価(前編)判官贔屓したくてもできない | トップページ | 蛙の合唱の不協和音 »