« 烏の合唱の目覚時計 | トップページ | 山と谷に道を通せば »

2015/07/22

そこに山と谷を作る

20150722_epsn9029_1tts


猛暑の中、日曜から断続的に仕事していて、火曜の午後ようやく一つ、
大きめの案件が片付いた(後で連絡があり一部手直しが必要っぽいが)。
その後いつもの作業を急いで片付けて、ちょっと疲れが出てきて横に。

今年の夏は、梅雨明け以降ほぼ仕事のペースを維持できているようだ。
暑い日々が途切れるのが早いか、暑さに負けて体調を崩すのが早いか。
あー、あと「暑さに慣れて気にならなくなる」っていうのもあるかも。

--
暑さへの耐性には、精神面が大いに影響する。そこそこ仕事の進捗が
安定してれば身体の辛さも、まあ少しは緩和される気がするというか。

といっても心頭滅却とか何とか言うほどヒマではないし時間をカネで
買えるような余裕もないんで、まあせいぜい仕事に緩急つけるくらい。

このところ酷く忙しくはなく、ヒマというほどでもないくらいの受注
だから(できればもう少し稼ぎたくはあるが)、メリハリもつけられる。

そんなワケで水曜の仕事は低速。今日は風が強くて部屋の中まで外の
土埃が入ってきてジャリジャリするけど換気もできて暑さはほどほど。

|

« 烏の合唱の目覚時計 | トップページ | 山と谷に道を通せば »