« 元気あるのかどうか | トップページ | たまには時事ネタ(104) ツギハギだらけの紆余曲折 »

2015/07/08

主な気分は環境由来

20150708_img_20150628_164529s


ほとんど雨も降らぬ日が1カ月ほど続いた後に、1カ月あまりの梅雨空。
まあそれとは直接関係ないんだけど、今月に入って気分的にも雨模様。
今月は資金状況が非常に厳しいのだが来月には更に厳しくなる可能性
が強まってきて、再来月もまた不透明だが弱含みの観測となっている。

仕事がカネになるには通常でも2~3カ月後、加えて先方の状況次第で
1~2カ月のズレがあり、もう全くアテにならんから困ったものである。
今回は、先々月あたりからの案件が悉く後ろにズレ込みそうな気配で、
一つずつ状況が見えてくるたびに、どんどん暗い気持ちになってくる。

ある程度の蓄えがあれば収入の谷間も乗り越えられるかもしれないが、
そんなもん前に大きく落ち込んだとき飛んでしまい大穴が空いたまま。
以降どうにか穴埋めしていこうと悪戦苦闘の数年間、とはいえ稼ぎも
大して回復できず3歩進んで2.5歩退がる的な状況を延々と繰り返し中。

--
そんな生活だから最近ちょっと好ましくない感情も頭をもたげてくる。
どうでもよくなってしまったらヨノナカを騒がせかねないような感情。
今のトコロ単なる気分程度でしかなく実際の行動には繋がってないが、
やらない理由は極めて単純、そんな派手な活動など性に合わないから。

まあ、ただモヤモヤした感情を持て余すだけでいるのも面白くないし、
ついでにそこから色々と考えを巡らせネタにするなど有効活用もする。

気分というのは本人の置かれた環境から影響を受けて心の裡に生じる。
その環境が変わらなければ感情も大きく変わらない、それに依存する
思考形態まで固定化されかねない、いずれは性格まで変わってしまう。
焼きが回ってしまえば修正は難しい。下手に曲げても割れるだけだし。

そういう風になってしまう前には、今のような状況から脱出したいな。
あと、ある程度は気分を変動させて、固定化しづらくするのも大事か。

|

« 元気あるのかどうか | トップページ | たまには時事ネタ(104) ツギハギだらけの紆余曲折 »