« この先に見えるのは | トップページ | 少しは羽を休めます »

2015/08/06

先行きの見える範囲

20150806_epsn9025_1s


そこそこの受注があったはずなのに8月9月が(暑さに加え)金銭的にも
厳しくなる見通しになってしまったのは、その案件の多くが予想より
かなり遅い時期の請求分に回されてしまったコトが大きく響いている。

というワケで今年の夏は暑いのに懐ばかり寒いという有様なのである。

--
とはいえ10月に入れば遅れた分の支払が来るので資金面では回復する
見通しが立ってきたので、それを期待しつつ堪え忍ぶ生活を続けよう。

寛解期には一進一退を繰り返すように見える場面もある、とでも思う
ようにして自分自身を騙し、なかなか見えぬ出口まで持ち堪えさせる。

|

« この先に見えるのは | トップページ | 少しは羽を休めます »