« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015.09.30

安心できぬのは毎月

20150930_img_20150930_122843ts


待ちに待った月末30日の水曜には早起きして家を出て用事を済ませて
帰宅してから作業するつもりでいた。早寝するつもりが少し寝付きが
悪かったものの、ひとまず10時には起き出せたので予定通りに進める。

外出するとはいえ翌日以降雨との予報なので洗濯物を干して支度して、
それから出掛けて銀行コンビニ役所カメラ店をハシゴして、ついでに
途中で食事して、予定していた支払と買い物を終えて帰ったら14時頃。

続きを読む "安心できぬのは毎月"

|

2015.09.29

安心できぬのが月末

20150929_dscf10021s


毎月のコトながら入金までの最後の一日が長く感じられるワケだけど、
月末の入金日に月末の支払など諸事を済ませるためには準備も必要だ。

だいたいの予算は見えているから、必要な支払金額を概算しておいて
払込用紙を整理、買う品は安値を調べてみたりクーポンを入手したり。
概算してみるとやはり入金から1~2日で大半を使い切ってしまう予想。
あと既に決まっている出費予定が1つ2つあるので、その分を残す程度。

支払などは以前のように銀行口座から引き落とすようにしておきたい
のだけど常に口座の資金を用意しておけないから現状では致し方ない。
1~2カ月分の生活費を手許に維持できるようにならないと無理だろう。
そのためには月あたりの稼ぎが数万円は増えないといけないとは思う。

続きを読む "安心できぬのが月末"

|

2015.09.28

安心できる頃合とは

20150928_img_20150921_155146ts


日曜は食材の買い出しにスーパーまで出たのだがカネなんてないんで
必要最小限だけの買い物で折り返したワケだが、そろそろ底をついて
きた生活資材は他にもあって月末の入金を待ってまた買い出しにいく
必要があるあたり、貧乏生活というのは実に非効率を強いられるもの。

で、結局仕事しなかった週末が終わり月曜日、数日ぶりの晴れ空だし
洗濯物を干しつつ普段の平日デイリー作業をしつつ週後半には納品を
するつもりの案件にも取り掛かり始めたが暑かったし進捗はイマイチ。
遅くとも木曜には終えたいので早く進めばそれに越したコトはないが。

続きを読む "安心できる頃合とは"

|

2015.09.27

満足できる頃合とは

20150927_img_20150628_133813s


たとえば宝くじか何かで大金が転がり込んできたとして、即座に満足
するかというと、そうとは思えない。カネなんて単なる指標に過ぎぬ。
指標が通用する社会における、今後の体験の可能性の量を示すだけの。

満足するとしたら、そのカネを使って旅行に出たり欲しかったモノを
買うなどした上で、それらを通じて、カネがなくては到底無理だった
ような新しい体験を満喫して、思い切り楽しんででからではないかな。

そういう可能性を欲する心理は、表層的には「カネが欲しい」という
言葉に置き換えられて表出してきがちだけど、よくよく欲求を深掘り
していくと「カネはあるけどそれを使えないような状況」などは敬遠
されることから根本的な欲求がそこにないのだというのが見えるはず。

続きを読む "満足できる頃合とは"

|

2015.09.26

どっちでも同じなら

20150926_img_20150524_122342s


木曜は夜中に酷くなってきた眠気に負けて気付いたら夜が明けていた。
金曜は午前中にアポイントがあるので出掛けるまでには片付けるぞと
朝の雨の中で(木曜一杯の予定だった)作業に取り掛かったのだったが
終わったのは結局、自宅に帰ってきてさらに数時間後の夕方であった。

そして金曜夜から土曜にかけて意識的に「ボンヤリする予定」を決定。
抱えている仕事はあるが、差し当たって急ぐワケではないし、金曜の
ドタバタで疲れたので頭と身体を休めなければ次に取り掛かれないし、
どうせ休息を選択せず仕事しようとしても途中で寝落ちしてたはずで。

仮に内容の上では何も違わないとしても、自分から選んだ休息の方が、
後味は間違いなく良いものだ。それこそ後々の行動に大きく影響する。

続きを読む "どっちでも同じなら"

|

2015.09.25

実はどっちでも同じ?

20150925_dscf10018s


で実際、遊びに行こうと思えば行けたのか、後知恵でも分かりかねる。
そして遊びに行けたとして、果たして気は晴れたのか、残りの日程で
仕事に集中できるようになったのか、そこまで含めたら、分からない。

まあどっちにしろ(単価も提示されていないが)安いだろうと思われる
案件に対してはモチベーションが上がらないコトに違いはなかろうし、
選択など無意味だったかも。貧乏とは選択肢が著しく狭めるものだし。

分かれた道が、先の方で再び合流するなんてコトも、珍しくないのだ。

続きを読む "実はどっちでも同じ?"

|

2015.09.24

遠くまで見えずとも

20150924_dscf10017s


まあ誰だって確実な将来像を容易に描けるものではない、とはいえど、
特に自分は人生における様々なモノゴトを、あまり確定させぬように
生きてきた気がする。つまり何も決めていない、何も選択していない。

けど時間の経過によって否応なく確定してってしまうモノゴトもあり、
それらについては目にしても認識しないようにしていたのではないか。

いや実際、口に糊する日々の中で先のコトなんて考えたくないけどさ。

続きを読む "遠くまで見えずとも"

|

2015.09.23

そも遠くまで見えぬ

20150923_img_20150921_154652ssqs


未明、まるで見通しの立たぬ自らの将来の生活について、ふと思って
しまって寝付きが悪かったのだが、見通しが立たないからこそ悩んで
しまうとはいえ、悩んだって見通しが立たぬコトに変わりないという
身も蓋もない事実は動かないので、考えないコトにして自ら寝付かす。

そういえば国勢調査インターネット回答の期限が過ぎてしまっていた。
役所の仕事の割には〆切が早かった。戸別訪問が来るのは面倒臭いな。
そんなちょっとした範囲のコトくらいしか、先のハナシは分からない。

続きを読む "そも遠くまで見えぬ"

|

2015.09.22

急には遠くへ行けぬ

20150922_img_20150920_220510s


というワケで今週またソーシャル()方面への参加を減らすコトにした。
まあ数日ほど長居し続けてしまって時間を取られたというのもあるし、
自分の行けぬ行楽に他人が興じる様子など見たって面白くないワケで。

そんなコトより自分こそが自身の環境において楽しむ方を優先したい。
まあちょっと(普段の貧乏食よりは)マシなのを食ったりする程度かな。

続きを読む "急には遠くへ行けぬ"

|

2015.09.21

遠い遠い銀色の連休

20150921_img_20150909_103352s


金曜、知人事務所から帰宅して土曜一杯「何も仕事しない日」にする
と決めて休んだら、そのままズルズルと日曜も休息に使ってしまった。
今回は意図的に気力を減退させたワケだが、とはいえ戻すのも一苦労。

行楽に行くような資金もないし連休明け納期の案件もあるものだから
いずれにせよ出掛けられない。世間でいうシルバーウィークにしても、
連休らしく感じるのはアポイントやデイリー作業が入ってこないだけ。

続きを読む "遠い遠い銀色の連休"

|

2015.09.20

違うカタチの構築を

20150920_img_20150909_103324s


左派系とされる政党が揃って、いや一部に現政権への反抗心か何かで
動いてるようなのも混じってた気がするけどそれはともかく、または
野党共闘という形態に固まって戦略的思考を停止していたのか知らん
けど、断固反対絶対廃案という主張を前面に押し出してたような印象。

でも昔から気になっているのだけど、たとえば労働組合などの左派系
政党支持母体やその中の人たちは、本当にそれでいいと思ってるのか。
むしろ現状、支持母体まで含めて丸ごと「反与党」の受け皿に堕して
いないだろうか、というか個人的にそういう印象があって貧乏人だが
左派系政党を全く支持できないでいる、言うなれば消極的与党支持者。

続きを読む "違うカタチの構築を"

|

2015.09.19

違うトコロを考える

20150919_img_20150524_131929s


人間の性質なんて実は大差なく似たり寄ったりで、ただし感情を惹起
する対象が大きく異なったりするだけで、表面的な考え方や言動など
全く違った様相を示すのではないか、というのが最近考えてるトコロ。
まあ他にも反応の程度とか脳内の思考量とか様々な要素はあるだろう、
そういうパラメタの微妙な差異が性格の違いの大半なのではないかと。

続きを読む "違うトコロを考える"

|

2015.09.18

立ち止まって考える

20150918_img_20150912_181410ts


数で劣る野党側が状況を有利にしたければ与党側にも味方を作らねば。
そのためには与党側支持者にも「与党案よりマシ」と思ってもらえる
ような提案が必要で、つまり彼らの問題意識を理解しなければならぬ。
それができなければ単なる抵抗勢力から脱却するコトなど叶わぬ夢だ。

説得するというのは、つまりそういうコトなのだ。本当は与党側にも
ソレがあってほしいのだけど、少なくとも与野党比率が偏っている今、
ひとまず野党側から先んじてそうなってくれないと与党も変わらない。
相手が手強い存在でなければ、与党側には現状を変える理由などない。

続きを読む "立ち止まって考える"

|

2015.09.17

人の考え方それぞれ

20150917_epsn9063_1ts


ソーシャル()方面を再開すると途端に国会審議に関連した騒動が目に
入ってきて、特に反対派のデモ活動が半ば暴徒の如き状態になってる。
TVをつけてみれば「ハイアンハイアン」とか叫ぶ声が中継画面から流れてくる。

どうやら通常番組を数時間ほど潰して特別体制で報道しているらしい
のだけど国会内は〆の質疑が延引されるばかり外はデモ活動ばかりで、
要するに与野党睨み合いのような感じで大きな動きもなさそうなので、
ひとまずワッショイしてるヨノナカを尻目に自分の仕事をするコトに。

そろそろ納期が迫ってきてる案件があって、急がないといけないのだ。

続きを読む "人の考え方それぞれ"

|

2015.09.16

古い人と新しい人と

20150916_img_20150912_174732s


まあそんなワケで月曜火曜は作業時間が少なかったので、木曜納期の
案件に向けて水曜こそ頑張らないといけないのだが一方で水曜に予定
されていた午前中のアポイントが翌週以降にリスケとなったので結果
的に時間は確保されて少し安堵しつつも、もしそれがなかったら今週
かなり厳しい状況に陥っていたのだなとスケジュールの厳しさを思う。

その大半が、例の(敬遠したい)元上司が仕切る中間業者からの案件だ。
発注の件数こそ多いものの実は同程度の仕事内容の案件で比較すると
他の取引先の1/2か1/3という安さだったりするから貧乏暇無脱却困難。

続きを読む "古い人と新しい人と"

|

2015.09.15

古くても新しいコト

20150915_epsn9059_1s


蓄積してきたコトって何だろう、まだ胸を張れる程度でないとしても
過去何年にもわたって続けてきたコトなら、蓄積と言えるように思う。

このところ、以前やってて最近あまりやらなくなったコトの幾つかを、
何となく再開している。ソーシャル()の活動を少し、とか、カメラを
持ち歩いて出掛けた先で気が向いたら何か撮る、とか、その程度だが。

完全に日常の一環のようになっていたコトでも、しばらく間を空けて
から再開すると、それなりに新鮮な感覚でできるので、まあ悪くない。

続きを読む "古くても新しいコト"

|

2015.09.14

本当に新しいコトは?

20150914_img_20150909_213704s


たとえば未だ訪れていない県(残りは山形・和歌山・大分)へ行くとか、
東海道新幹線で使ってない駅(あとは掛川だけ)へ行くとか、はたまた
地図を見て気になった道をドライブするとか散歩するとか、期待感を
持てる未体験のコトなら、いろいろ思い付くのだけど、こんな具合に
想定できる「新しいコト」とは、果たして本当に新しいコトなのかな。

むしろ自分自身にとって全くの想定外のコトでないといけないのでは?

続きを読む "本当に新しいコトは?"

|

2015.09.13

新しいコトをしたい

20150913_dscf10037_1s


生活に新鮮さが不足しているように感じられるのは予算の問題もある。

いや違うな、予算の問題【が】大きいのだ。カネがないと何かをする
にも及び腰となって、なかなか思い切った楽しみ方ができず新鮮味を
感じる機会も乏しくなるのは必然。加えて「貧乏暇なし」の生活との
格闘は長く苦しく逃げ道もなく、つまりうんざりしてしまうのである。

そういうトコロから考えると、せめて同種の業務で異なる領域に手を
広げるなど、仕事でも新しいコトへの挑戦をしていきたいと思う次第。

続きを読む "新しいコトをしたい"

|

2015.09.12

微妙な「慣れ」感か

20150912_img_20150910_151449ts


ギリギリのスケジュールでの出張も面倒だとはいえ慣れたものである。
(予算上の問題とか慌ただしくて疲れてしまったりするのはともかく)
アポイントも、前日まで詳細情報が届かなくたって、まあ何とかなる。

今やってるような内容の仕事は10年以上になるか、このところ顕著に
ベテラン感が出てきて、大概の案件は「どっかで聞いた」くらいの話。
現状の取引先から貰える仕事ならば、だいたい対応できる自信はある。

続きを読む "微妙な「慣れ」感か"

|

2015.09.11

微妙に寝付きが悪い

20150911_img_20150910_111949s


ちょっとドタバタしてしてたせいか、車中で睡眠とは行かないまでも
目を瞑って頭を休めていたのが後になって影響してきてしまったのか
寝付きが悪かった前泊の夜。朝ちょっと余裕を持たせたくてシャワー
も後回しにして早めに床に就いたのだが少々失敗だったかもしれない。

とりあえず朝は大した寝坊もせず、メールをチェックしてニュースを
少し見て朝食とシャワーを済ませて荷物を纏めて在来線に乗り込んだ。

続きを読む "微妙に寝付きが悪い"

|

2015.09.10

雲の向こうの出張先

20150910_img_20150909_213536s


火曜日は忙しかった。午前中に床屋そしてその隣のドラッグストアで
生活用品の一部補充、帰宅したら仕事して、夕方から出張の前泊先へ。

台風は通過したが東京付近には南北に延びる雨雲が激しい雨を降らせ、
そして南洋からの空気が入ってきて蒸す。東京駅では待合室に逃げた。

宿は三河安城に予約していた。こだまで指定席に乗るとガラガラだが、
それにしても長い旅程だ。のぞみなら新神戸くらいまで行けると思う。

続きを読む "雲の向こうの出張先"

|

2015.09.09

予定は雲の向こう側?

20150909_dscf10006s


木曜には遠方で午前中のアポイントがあって前泊の予定となっている。
だから今夜には支度して出て新幹線に乗って宿に転がり込んでるはず、
なのだが火曜になっても詳細情報が全く届いてこなくて予定が立たず。

ひょっとしたら天候不順というコトもあるので順延を考えているのか、
あるいは単に仲介業者の伝言ゲームの問題なのか、それさえも不明で、
しかし少なくとも末端業者に質問したトコロで何も動かぬ気はしてる。

続きを読む "予定は雲の向こう側?"

|

2015.09.08

簡潔にいうと空っ穴

20150908_img_20150829_143843s


で月曜、資金が入るコトを当て込んでいたのだが見込が外れてしまい
残り僅かな財布の中身と自宅に残った食材で腹を満たす一日となった。

しかしそれで終わりではなかった。入金はさらに待たされ、ようやく
確認できたのは火曜の昼過ぎ。作業を先送りして、空腹を満たすべく
駅前へ出て食事と買い物をして帰宅、ようやく腰を据えて作業に着手。

続きを読む "簡潔にいうと空っ穴"

|

2015.09.07

自宅で完結する生活

20150907_img_20150829_164132s


土曜ダラダラするのに録画番組を消化しまくった結果、先週末からの
蓄積をほぼ解消したのだが、あまりに長時間だったせいかTVの音声が
騒々しく聞こえるようになってしまった気がする、耳が疲れた感じで。
で、寝て起きたら日曜日の、昼前くらいだったけど、まだ眠たかった。

続きを読む "自宅で完結する生活"

|

2015.09.06

ダラダラしたあとは

20150906_dscf10028s


さて土曜、仕事は一切やらずダラダラする日とするコトにしたのだが
いきなり起きたら昼過ぎていて、ここしばらく寝不足だったのを実感。

金曜の打ち合わせの際に当座の資金面で若干の改善が期待できそうな
形となり(今月末に支払われる予定の一部を先払いしてもらうコトに)、
まあ多くは来週に予定されている出張の経費に充てねばならんのだが、
それでもゼロではなくなった的な意味で、割と救われた感じになった。

続きを読む "ダラダラしたあとは"

|

2015.09.05

自分自身との距離感

20150905_dscf10030s


だから自分自身、他人から見ればアレな行動も少なくないのだろうと
思いつつも、それはそれで自意識過剰なトコロも含まれるのだろうと
考えたりもするけど、まあ両面の認識があるならマシかもしれんとも。

しかし、ダメなトコロを自覚していながら改善できてないコトも多い。
自覚しているだけマシだとも言えるが、それでは周囲にとっての迷惑
の度合いは変わらないので、自分への言い訳でしかないのではないか。

続きを読む "自分自身との距離感"

|

2015.09.04

不満感には距離感を

20150904_img_20150831_154158s


彼岸へ赴いた身近な人間が生きている自分のコトを何と思うかなんて、
実は単に自意識過剰なだけなんじゃないか、とか思ったりもする昨今。

当事者の認識と外部の認識の食い違いは生きてる者たちの間にもある。
ある程度の距離で接している元上司とか、友達から伝え聞く「厄介な
家族や親族」などをみると、そんな乖離を特に強く感じるコトがある。

そういう人物とは直に接していると厄介さに腹を立ててしまったりで、
間接的な関係でないと冷静な観察ができない。なかなか厄介な相手だ。

続きを読む "不満感には距離感を"

|

2015.09.03

生きるだけで忙しい

20150903_img_20150830_094954s


さて、何はともあれ気を取り直して、淡々とした日々の生活に戻ろう。

このところ季節外れに涼しい日が10日ほど続いていたものの、仕事に
追われていたり、途中で遠出したりで身体はほとんど休まらなかった。
そしてまだ仕事は続いていて、一息つけるとしたら次の土日くらいか。
来週再来週にもアポイントがあり、あまり休んでいられそうにないが。

生きてる人間は忙しいのだ。そもそも生きてるという事実に追われる。

続きを読む "生きるだけで忙しい"

|

2015.09.02

生きてるのにも不安

20150902_img_20150829_220642s


人間、生きていれば死に少しずつでも近付いていくもので、そのへん
ある程度は覚悟しているのだけど、自分自身のコトより身近な他人に
関するコトの方が、むしろ精神的な辛さを強く感じるような気がする。

今年は春に1つ下の従妹、夏に3つほど下の友達に、それぞれ癌が発見
されて治療を開始したという連絡があり、何と言っていいのか漠然と
した不安感のようなのが、微妙につきまとってくる印象が拭えぬ昨今。

続きを読む "生きてるのにも不安"

|

2015.09.01

いつか死ぬのがヒト

20150901_img_20150829_141748s


精神的な痛手は尾を引きやすいものだ、当人にとっての痛手の程度は、
「世間一般の常識」なんて全く関係なく、まるで外からは分からない。

すっかり祖霊的な概念になり果てた70年前の日本を供養するばかりの
8月に続き9月は防災の日があって今度は災害で死んだ者たちの供養を
する、みたいなのがマスメディアの考える「世間一般」のようだけど、
災害での死者と他の死者とで、何か違いがあるのかと、いつも考える。

単に話題にしやすい商売になりやすいから取り沙汰しているだけだろ。

続きを読む "いつか死ぬのがヒト"

| | コメント (2)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »