« 人の考え方それぞれ | トップページ | 違うトコロを考える »

2015.09.18

立ち止まって考える

20150918_img_20150912_181410ts


数で劣る野党側が状況を有利にしたければ与党側にも味方を作らねば。
そのためには与党側支持者にも「与党案よりマシ」と思ってもらえる
ような提案が必要で、つまり彼らの問題意識を理解しなければならぬ。
それができなければ単なる抵抗勢力から脱却するコトなど叶わぬ夢だ。

説得するというのは、つまりそういうコトなのだ。本当は与党側にも
ソレがあってほしいのだけど、少なくとも与野党比率が偏っている今、
ひとまず野党側から先んじてそうなってくれないと与党も変わらない。
相手が手強い存在でなければ、与党側には現状を変える理由などない。

--
云々。まあ対立する意見を上手く調整するには場の雰囲気というのも
あるだろうし、過去の因縁とか軋轢といったのまで考えると単純では
なく一筋縄で行くような問題ではないから、容易には変わらんだろう。

元上司との付き合い方も、そういった視点で再構築したいトコロだが、
現状ほとんどコミュニケーションが途絶えている状態なので、まずは
相手の問題意識を知るために信頼関係の再構築が不可欠、というより
そのための取っ掛かりを見付けるどころか接触の機会を見付けないと
いけない、くらいの何段階も手前にいるコトに気付いて面倒な気分に。

|

« 人の考え方それぞれ | トップページ | 違うトコロを考える »