« それぞれの範囲とは | トップページ | それはそれで面白い »

2015.10.14

それはそれの散歩道

20151014_dsc_0544_1s


考えてても仕方ないんで気晴らしに出掛けたのが日曜日だったのだが、
まあ「カネがあってもなくても大差ない遊び方」の一つ、散歩である。

カメラ関連の小物を買って、ちょっと考えてバスに乗り、さらに途中
思い立って電車に乗り換えてルートを決定、目的地は石神井川の上流、
ずいぶん前に途中で切り上げた残りの源流まで辿ってみようと考えた。

--
のだけど本格的な(というか数km以上の距離の)散歩はたぶん初夏以来、
出た先の飲食にも困るほどの有様だったから全く御無沙汰してた上に、
夏場は暑さもあって外出する機会すら減らしてたから酷く運動不足で、
若干の不安から小さな公園の散策に留めるかどうかを迷ったくらいで。

だが本格的な秋に備えてリハビリしたいし、新しい武器も背中を押す。
新しいカメラは無線LANとGPSを搭載している。位置情報ログの記録を
オンにして移動開始、撮った写真はスマホに取り込んで友達に送れる。
そういう機能を使うならば、ある程度の距離を歩かないと面白くない。

というコトで歩き出したが、予想通り数分もせぬ間に汗が流れまくる。
脚力は割と維持されているのに対して心肺機能が低下している感じだ。
おかげで「脚なりの」ペースで歩こうとすると息が上がってしまって
仕方なく意識的に速度を抑えて歩いたり、頻繁に小休止を取ったりで。

まあカメラを携えての散歩では立ち止まって撮影するのも頻繁だから、
それはそれで構わないのだが、しかし今回のルートは川沿いそのまま
歩ける道が少なくて住宅街の路地を迂回する場面が多く、もっと速く
移動できたらゴールへ到着するのも早められたような気がして、残念。

帰り道は夜。自転車歩行者専用道を行き交う人々も、それぞれの道を。

|

« それぞれの範囲とは | トップページ | それはそれで面白い »