« 何かを拝みたい気分 | トップページ | 何かを見付けたいね »

2015.10.17

何かが邪魔なのかも

20151017_dsc_0509_1s


これだけ忙しくても例の安い中間業者の案件ばかりだもんだから報酬
もロクな金額にならんのが見えてるワケで、それゆえ気力は伸び悩み、
作業も余計に時間を食ってしまう、どうみても宜しくない循環である。
こんな仕事なんてやりたくないからブログの記事にぶつけたりしてる。

報酬額の低さが精神的に苦痛となっている事実について、その業者の
一部の人には伝えているが、どうせ連中は案件を取り損ねたくなくて
ディスカウントしてて、結果的に外注費を高く設定できないのだろう。
(暴利を貪っている可能性も否定できないが「疑わしきは被疑者利益」)

でもそれでは外注先が疲弊してしまって品質は上がらない。外注先も
仕事なのだから同じような仕事なら高く出す方を選ぶのは当然であり、
逃げる先もない人だけが連中に使われているのだ、とさえ思えてくる。
これを経済奴隷と呼べば何千年も前からの人類の伝統とも言えるかな。

--
もっと知識や見聞を広げて仕事の幅を広げたいとは常々思っているが、
ある程度の専門性が必要な分野だけにタダでできる範囲なんて限られ、
しばしば相応の費用や時間が必要となるし精神的な余裕もないと無理。
(なお根性論による余計な口出しについては無視してよいものとする)

だいたいにして現状の報酬額設定では機材更新さえできやしないのだ。
より高い報酬を出してくれる他の取引先のおかげで、何とか繋いでる
というのに、きちんとした報酬の取引先の案件を例の安い中間業者が
取ってきたようなケースもあるものだから将来への不安は強まる一方。

ある程度の価格競争は致し方ないとも思うが、それだけでは先がない。
下手すれば競合もろとも価格戦争に陥って業界全体までも崩壊の危機。
あの手この手で付加価値を考え高く売る方法も模索してもらわないと。
そして外注先にも分け前を与える、投資する、そんな取引先でないと。

|

« 何かを拝みたい気分 | トップページ | 何かを見付けたいね »