« 体調不良から暗黒面? | トップページ | 何が必要か分かるか »

2016/01/04

必要なときは流れる?

20160104_img_20160103_161310s


仕事始めは予想通り月曜日だった(取引先から午前中に電話があった)。
感覚を取り戻しつつ動き出したら面白いコトに食欲までも戻ってきた。
味覚嗅覚には相変わらずズレが感じられるものの濃いめの味付けなら
あまり違和感なく食える(こう見えて実は感覚が鋭敏な方なのである)。

体調を理由に年末年始ずっとダラダラ休む形となってしまったものの、
大してカロリーも摂取しなかったので結果的に体脂肪率は減った気が。
(体脂肪計などないから測ってないが胴回りの肉感からそれと分かる)

--
まだ目の周囲や喉などに違和感は少し残るものの仕事には集中できる。
(実は炎症は副鼻腔だけで鼻の通りは確保されており息苦しくはない)
食事を含め生活サイクルが活性化すれば炎症も解消されていくはずで、
この程度の日和見感染なら不安に感じない程度には免疫にも自信あり。

けど、最も懸念されるのが断続的に発作する咳。ときに熟睡できない
夜を過ごすような有様で、これは後々に差し障るから対処しないとな。
仕事始めでドタバタしてしまって行きそびれたが、明日あたり一応は
時間を作って耳鼻科にも診てもらい、対症療法についても検討しよう。

|

« 体調不良から暗黒面? | トップページ | 何が必要か分かるか »