« 本来の目的に合えば | トップページ | コレとソレが現実で »

2016.02.19

本来の認識に照らし

20160219_dsc_1802_1ts


まあ個人の場合オンリーワンだのナンバーワンだのを目指すにしても
その性格というか方向性というか、そのあたりが大きな問題だと思う。

実家で車を借りてドライブするとき、しばしば母や友達を伴っており、
大概は(相手が寝ていたりしなければ)道中いろいろと喋り続けている。
そんな車中、自分が今いる業界の品位みたいなのの話題になったとき、
「あまり意識の高すぎる人物には信頼を置かないようにしている」と、
言葉に出してから、ああそうなんだと改めて意識しながら話を続けた。

--
もちろん下劣な内容の仕事で稼いでる連中も存在するのは知っている。
それはそれで問題だが、一方で意識ばかり高すぎる困った連中もいる。
自身らが掲げる社会的正義のためには誇張や嘘も厭わぬ姿勢のヤツら。

「ナントカ魂みたいな意識の高さより、まずプロ意識だとか職業意識、
シゴトに対する正直さのようなのが確立していないといけないと思う。
社会的正義を云々する以前に、まず自分のシゴトを見直してほしいな」
みたいな語りが何の準備もなく出てきて、よほど嫌なのだなとも自覚。

|

« 本来の目的に合えば | トップページ | コレとソレが現実で »