« 如何とも高い障壁が | トップページ | あまりに余計だった »

2016/02/24

余らせる部分の内容

20160224_img_20160208_193643ts


まあ、ないない言っててもそれだけでは何も動かないので、ひとまず
目の前に積み上がった仕事とか家事の習慣化した部分とか手は動かす。

というより、あまり余計なコトを考えずに済むよう習慣化してるので
あって、それらを一日の中で都合に応じて組み合わせつつ生活してて、
そうして余力の部分で、日々そして先々のコトを考えるようにしてる。
(このブログに垂らして流してるのは、さらにそこから余った部分で)

--
で、日々だとか先々のコトだとかを考えている割にはそのあたり全然
進んでない感じが強くて、どうしたものかなと思っているワケだけど、
それでも仕事や家事などの日常を全く同じ繰り返しにしない程度には
余力の部分で考えた内容も役立っている気がするので多少はマシかな。

その向こう側、先々にまで繋がっていく内容であるかどうかは微妙な
感触だけど、そのあたりは結果が出てみないと何ともいえないのかも。

|

« 如何とも高い障壁が | トップページ | あまりに余計だった »