« 意識も断絶しそうだ | トップページ | 睡眠時間絶対的不足 »

2016/12/16

責任の断絶する関係

20161216_iimg_1135s


こういった状況では、どうしたって仕事も雑にならざるを得ないもの。
木曜の夜には中間業者の社長からレギュラー案件の品質について文句
の電話が掛かってきたが、先方にはデイリー作業の代打を用意できて
おらず発注先に負荷を掛けすぎてる負い目もある、そこは再確認した。

さらに金曜もまた(本業とは違う用事なのだが)ドタバタしてしまって、
訪問先の複数の人物に加えて関係業者も含めて連絡が錯綜する状況に
陥って作業は滞り、様々なゴタゴタで相当な時間を消費してしまった。

--
蕎麦屋とか丼飯屋などで、注文した(つもり)のと出てきたのが違うと
いう事案に、数日で三度も遭遇すると、自分自身が何らかの勘違いを
してしまっているのではないか、と少しばかり不安にもなったりする。
けど3件中2件については店員の注文確認を聞いてのコトだったと記憶
しており、決して自分だけの問題ではないと自らを安心させる材料に。

とはいえ残る約33.3%の方は、ちょっと自分の勘違いも混じっている
はずだったので、その分くらいは気をつけておかないといけないよな。

|

« 意識も断絶しそうだ | トップページ | 睡眠時間絶対的不足 »