« ちょっと先も見据え | トップページ | ちょっとずつの休息 »

2017/01/22

ちょっとずつの違い

20170122_iimg_1201s


そういえば仕事で使う「職人言葉」は実家全員の共通語のような気が。
かつて実家は町工場を営んでいて、それを創業したのが祖父だったが
自宅内の物事に対しても「品物」などの言葉が出てしまう人であった。
まあ単に言葉の使い分けが下手で、仕事の用語が先に出てしまうだけ
だったのかなとも思うが、理由はともあれ聞き慣れた言葉なのである。
職人言葉はビジネス用語にも繋がるため社会に出たとき迷わず済んだ。

--
その実家の周囲は農家ばかりで小学校は町の子たちと一緒だったから、
生まれ育った環境によって用語の領域が少しずつ異なるという点には
きっと薄々ながら勘付いていて、こうした認識が今の仕事にも繋がる。
現在の職種は社員時代も含めれば20年近く続いているが、体系立てて
教えてもらったコトもなく、何処でも即戦力扱いにされていた記憶が。
そういう扱いばかり受けてきたから体調管理を邪魔されるのは大嫌い。

|

« ちょっと先も見据え | トップページ | ちょっとずつの休息 »