« 一寸ばかり気晴らし | トップページ | 一寸先も不透明だが »

2018/02/12

一寸だけ先を考える

20180212_iimg_2363s


土曜の昼食は古墳の近くの定食屋(?)、墳丘の一つがよく見える立地。
そしてちょうど季節柄、蝋梅の花が満開になってて、一緒に楽しめた。
今回その蝋梅が多数植わってるトコロにも行こうと思ってたのだった。
まあ今月中まだ遠出するチャンスもあるだろうから、そこに期待する。

--
もう少しすれば梅も見頃になってくるから、それを口実に出掛けよう。
出掛けるための足とか予算など懸念材料は相変わらずあるがデイリー
作業の負担が(ほぼ)なくなったので時間や精神的な余裕はできるはず。
以前のように頻繁に出歩いて心身の調子を上向きにしていきたいのだ。

|

« 一寸ばかり気晴らし | トップページ | 一寸先も不透明だが »