« 歩く理由の背景とは | トップページ | 遅れを局限する発想 »

2018.03.13

遅れる理由の背景を

20180313_iimg_2436s


時間とは勝手にというか自然に流れていってしまうものだ、それゆえ
漫然と暮らすのでなく前向きに生きろ、みたいな言葉はよく聞かれる。
けどそういうのは時と場合によるし合わぬ人もいるので注意が必要だ。
ヨノナカ誰もがスイッチ入れれば走り出す玩具みたいな存在じゃない、
過去の重石が駆動力を妨げているようなときONにしたら、むしろ危険。

--
時間とは勝手にというか自然に流れていってしまうものだ、それゆえ
漫然と仕事するのでなくメリハリをつけたい、とは思うのだけれども。
けどそういうのが許される状況と、そうでない状況があるワケであり、
ヨノナカ誰もがスイッチ入れっぱなしでいられるとは限らないのだし、
ON状態が長く続けば過熱したり電池切れになったりする、今みたいに。

|

« 歩く理由の背景とは | トップページ | 遅れを局限する発想 »