« 夏までの残り時間は | トップページ | 余裕ないときの損失 »

2018.04.10

繁忙期までの猶予を

20180410_df0_1883_1s


営業面の心配は、あまり気に病むほどでもなかった。具体的には例の
中間業者から(少し先だけど)次の案件の相談が入ってきたのであった。
あの会社は安く請け負うためか案件が途切れるコトはほぼないらしい、
それは即ち割の悪い案件を孫請に放り投げてるという意味でもあるが。

--
とはいえ、とりあえず今週いきなり多忙になるようなコトもなかろう。
若干の案件があるのでソレを片付けたり片付ける準備をしたりしつつ
時間に余裕があれば平日にでも歩き回ったりしていいかな、と考える。
どうせまた遠からず仕事に忙殺されて調子を崩しかねない状況になる。

|

« 夏までの残り時間は | トップページ | 余裕ないときの損失 »