« 外仕事ばかりの弊害 | トップページ | 眠い日ばかりの懸念 »

2018/07/24

暑い日ばかりの問題

20180724_iimg_2829s


記録的な暑さとなった月曜は喫茶店が混雑するのも自然な成り行きで。
まず何かの営業をしてる風の男たちが時間を潰す、大抵は周囲を何ら
憚る素振りもなく電話で喋るその声がやたらと大きいのでそれと推測。
夏休みに入った学生か生徒っぽいのもいるが、これは種族によりけり。
体育会系とかウェーイ系は騒々しいが真面目に勉強してるのは静かで、
付き合い始めたばかりなのか静かに談笑してる男女などは微笑ましい。

--
せっかく喫茶店に入ったが何だか騒々しく落ち着かず友人の事務所へ。
移動してた頃は暑さのピークに近かったと思うが、さほど苦にならず。
暑いのは苦手だと常々言ってる割には、気付けば暑さに(ある程度は)
慣れてきたようで、この時季の外を歩いても(速度は落とすが)何とか。
熱帯夜も大量の麦茶を飲み扇風機の風を直接浴び、つまり汗の蒸散で
身体を冷やし続けられさえすれば眠れる。ただ起きると汗だらけだが。

|

« 外仕事ばかりの弊害 | トップページ | 眠い日ばかりの懸念 »