« 梅雨の合間の後始末 | トップページ | 未明の奮闘から疲労 »

2019/07/03

朝の騒音からの波紋

20190703_iimg_3284s


火曜の工事は、アパート南隣の空き地を囲っていたフェンスの撤去作業。
その大半は鉄の柱を使ったものだったので切断の音が騒々しかった上に、
一部に使われていたコンクリブロックを破砕する音も物凄いものだった。
これらが廃材をダンプに放り込む音も合わせ断続的に夕方近くまで続き、
前日までに比べて蒸し暑くなったコトもあって昼間の作業は完全に断念。
夕方には更地になって、別の会社の人らしいのがフェンスを立てていた。

--
この空地は現住居のアパートと同じオーナーだと聞いているが、何年も
何年も放置してた挙句、新たにアパートか何か建てる気になったらしい。
騒音を伴う工事、せめて漠然とした予定だけでも隣家くらいには予告を
してほしかったところだ。このアパートを気に入ってた眺望も失われる。
予算や時間を作って、少なくとも次の更新までには出て行くコトを決意。
まあちょっと色々堆積してて容易ではないけど、もはや見切りをつけた。

|

« 梅雨の合間の後始末 | トップページ | 未明の奮闘から疲労 »