出張旅行記

2017/05/12

出張旅行記(57.5) たまには歩き回った出張

20170512_dsc_3470_1ts


寝落ちしてしまったもののチェックインが早かったおかげで深夜まで
寝込まず再び目覚めた。駅から宿までの道すがら、居酒屋の立ち並ぶ
一角は把握していたので、夕飯がてら軽く飲んで帰りに軽食を買って、
少し仕事しようと思ってたけど眠気に負けて早起きのつもりで一眠り。

起き出したのは寝る前に想定してたより小一時間遅れだったけどまだ
許容範囲、夜食のつもりで買ってた菓子を朝食代わりにして宿を出る。
目指したのは、ウミネコ繁殖地で有名な蕪島。ちょうど宿の近くから
バスが出ていて駅まで出るよりは歩かずに済みそうなので乗ってみた。

その車中には可愛らしい赤い上着の女性ガイドが終点まで乗っていた。
終点というのは目的地の最寄駅前で、さすがにコンビニはないだろう
と思ってたけど、飲食店もほぼ何もなかったので、仕方なく自販機で
飲料水だけは仕入れて歩き出す。どっかでありつけたらいいな、とか。

港の倉庫街が途切れると、その先に蕪島が見えてくる。人工的な港の
匂いに代わって磯の匂いと、あとウミネコの糞の匂いが混じった感じ。
火災で焼失した神社は再建工事中で封鎖されており下からの撮影のみ。
案内所に入ってみたら客は殆どおらず、案内人と少しお喋りなどした。

事前に地図を眺めていて、ちょっと足を伸ばせば葦毛崎展望台くらい
までは歩いても平気だろうと思ってたので、その旨を案内人に伝えた
ところバスの時刻表をくれたので、これを帰りに利用しようと考えて
バス(およびその後の列車の)時刻を少し気にしながら足を進めていく。

続きを読む "出張旅行記(57.5) たまには歩き回った出張"

|

2017/05/11

出張旅行記(57) たまには寄り道したい出張

20170511_iimg_1570ts


何とか現地までの旅程が確定してチケットの手配も済んで徹夜作業で
迎えたその朝までという予報であった雨が残る中を駅まで出てみれば
ちょうどラッシュ時間帯で酷い混雑の通勤電車に押し込まれ他の客の
びしょ濡れの傘を片足に押しつけられたまま腿から脛まで染みていく
嫌な感覚を我慢しつつ、どうにかこうにか東京駅に辿り着いて新幹線。

そのホームに停まっていた一本前の列車は二階建ての新潟行きだった。
数年後には廃止になるというが遠からず佐渡へ行くつもりだからまた
乗る機会はあるはず、いやむしろ二階建て編成を選んで乗ってやろう。

一方、指定していた新幹線は予約時かなり席が埋まってたように記憶
していたが乗ってみれば乗車率は低く、隣の席には誰も座らなかった。
いや実は途中で乗って降りた客がいるかもしれないが大宮より手前で
寝てしまって盛岡まで熟睡したので、それこそ全く認識できてないが。

続きを読む "出張旅行記(57) たまには寄り道したい出張"

|

2014/11/29

出張旅行記(56) たしかに便利になった

20141129_img_20141128_122055s


仕事の「運」について言うなら、最近少し上向き傾向にあるとは思う。
デイリー業務とは別に途切れなく案件が入って忙しく、その意味では
順調に受注が続いている。むしろ少し休みたいくらいではあるのだが。

連続する案件の途中で区切るように入ってきた、数年振りの青森出張。
調べてみたら前回は2007年、このときは一泊して縄文遺跡を見物した。
しかしアクセスは不便で、八戸からの在来特急が長かった記憶がある。

新青森まで新幹線が延伸されたおかげで所要時間は一気に短縮された。
空路よりは時間が掛かるけど差は縮まり、費用の差を考えればむしろ
鉄道の方が有利。今回の発注者が手配したのも新幹線、往復券だった。

続きを読む "出張旅行記(56) たしかに便利になった"

|

2014/02/26

出張旅行記(55.5) 懐具合の方が寒

20140226_201402251729001


出張先は雪残る札幌。積雪地への出張も考えてみれば久し振りのコト。

主要な道路などで除雪は行われているが歩道など一部には圧雪が残り、
気温は日中こそプラスとなるものの夜には氷点下なので夜道となると
薄く凍った部分も一部ある、けど概ね不安なく歩ける程度ではあった。
(もちろん低重心だからでもあるが、それなりに歩き方も会得してる)

氷点下くらいの気温だと、歩き出してしまえば寒くない、というより
真面目に歩くと暑い。予約していた宿へ向かうのに地下鉄を出たとき
位置関係を誤解していたため大きく遠回りして歩き回ってしまったが、
そのせいか、フロントでチェックインをしている間に汗が垂れてきた。
いやそもそも冬の北海道の屋内は全般的に暑くシャツ姿が妥当な室温。

続きを読む "出張旅行記(55.5) 懐具合の方が寒"

|

2014/02/25

出張旅行記(55) 久々の空路で疲労

20140225_201402251730003


飛行機で出張に出たのは、かなり久し振り。前回いつのコトだったか。
しかも今回は、以前にも増して予算の乏しい状態で出る羽目になった。
おかげで酷く疲れた。こういうのには予算に余裕がないと面倒が多い。

続きを読む "出張旅行記(55) 久々の空路で疲労"

|

2013/08/06

出張旅行記(54.9) クールにいきたいというのに

20130806_img17161_1s


暑いと、ついついイライラしてしてしまいがちなものだ。
ましてや駅コンコースなどの雑踏の中では人それぞれに
バラバラの乱雑な行動をしていて、不意に現れる他人を
回避しながら目的の方向へ進んだりしなければならない。

それで気が抜けないもんだから精神的にも疲れてしまい、
冷房の気配が全く感じられなくて何もせずに立っている
だけでも汗をかいてしまうような夏の新大阪駅の中など、
何だかイラチな人々の見本市か何かのようにさえ思える。

続きを読む "出張旅行記(54.9) クールにいきたいというのに"

|

2013/08/05

出張旅行記(54.7) 天空の白鷺は涼しかった

20130805_201308031671001


まあ暑い暑いと言ってても暑さが軽減されるはずもない。
涼しいトコロに行かないと涼しさを得るのが難しいのだ。

こっちの友人と申し合わせていたのは、姫路城の見学だ。
ちょうど修復工事が行われていて空調完備エレベータ付
仮設建屋の中からピカピカの大天守閣外観を眺められる
数十年に一度の貴重な機会。ぜひ見ておきたかったのだ。

続きを読む "出張旅行記(54.7) 天空の白鷺は涼しかった"

|

2013/08/04

出張旅行記(54.3) 暑いって言いたくなる騒音

20130804_img17164_1ts


暑さを感じさせるという点では蝉の声に勝るモノはない。

朝早くから大合唱する「ショワショワショワ……」の声。
友人宅に泊めてもらった翌日、クマゼミの勢力を感じた。

最近では都市部を中心に関東への進出も進んできている
とされるクマゼミだが、まだこれほど凄い数は感じない。
でもここでは、近所の公園で午前中一杯、密集して鳴く。

続きを読む "出張旅行記(54.3) 暑いって言いたくなる騒音"

|

2013/08/03

出張旅行記(54) いつ来ても暑く思える街

20130803_img17159_1s


新大阪駅を出たトコロの喫煙コーナーが廃止されていて、
行き場がなくなった喫煙者がコッソリと煙を上げていた。
喫煙所は新幹線コンコース内に設けられていたのだった。
代わりの場所は示した方がいい、たまに来る客のために。
そしてその様子を目にする人たちの精神衛生のためにも。

久々の出張で訪れた大阪市は、個人的に暑い印象の街だ。
真冬に来ても寒く感じないので、そうなってしまうのだ。
嬉しくなかったり苦痛を感じた方が、印象としては残る。
加えて夏休みシーズンならではの乱雑気味な混雑の具合。
仕事仲間の合流を待って佇むだけでも汗が背中を流れる。

続きを読む "出張旅行記(54) いつ来ても暑く思える街"

|

2013/04/28

出張旅行記(53) 城を巡って日が暮れる

20130428_img15634_1s


世間でいう黄金週間は出張から始まった。行き先は松本、日帰りで。
出張ついでに立ち寄ったのは松本城。国宝の城を訪れるのは姫路城
に2度ほど行っただけなので、ようやく2つ目というコトになるのか。
ちなみに重文の城では松山城、松江城、丸亀城を訪れているのだが、
国宝重文合わせ12あるというから、まだまだ先は長いというワケだ。

でも日本の城といったって、戦国末期~江戸期の城ばかりではない。
一国一城令で放棄されただとか単に時代の変化で戦略上の重要度が
下がって使われなくなったりしたのが実は日本各地に点在していて、
むしろ古代から中世にかけての城というか砦というか防御拠点など、
たしかに人々から注目されるような遺構こそ多くないものの歴史の
移り変わりを教えてくれるようなのが、それこそそこかしこにある。

まあそれはそれとして松本城。さすがに国宝だけあって保存状態は
良好だし城としての完成度も高い、その一方で姫路城などのように
複雑に入り組んだ防御構造がそれほどなくて適度な距離から黒々と
聳え立つ天守閣の全体を視野に入れられるなど見応えの面でも良い。

まあこれだけのシロモノ、維持するのに相当な費用が必要とはいえ、
地域を代表するスポットとして皆が負担してでも保存したくなろう。
でも、そういうのさえ許さなかった風潮が、当時あったのだろうな。
武家社会への反動とか否定とか古いモノに対する無関心、云々……。
そういう時代を乗り越えて残って保たれているだけでも価値はある。
古いから価値があるのではなく、残すために多くの人々が努力して
それが積み重なってきたからこそ、というコトになるのではないか。

続きを読む "出張旅行記(53) 城を巡って日が暮れる"

|

より以前の記事一覧